ホーム > スポーツ > バレーボール > 『 テンポ 』 を理解すれば 、 誰でも簡単に実践できる !! 世界標準のバレーボール > 【2】 コンビ ・ バレーはもう古い! 最もシンプルで相手に効果的な " 同時多発位置差攻撃 "

【2】 コンビ ・ バレーはもう古い! 最もシンプルで相手に効果的な " 同時多発位置差攻撃 "

【2】 コンビ ・ バレーはもう古い!
最もシンプルで相手に効果的な " 同時多発位置差攻撃 "

商品番号 825-2

販売価格8,000円(消費税込:8,640円)

[最大400ポイント進呈 ]

数量
※商品の汚損・破損・故障等がなく、お客様のご都合での返品はお受けしておりませんので、ご注文の際には十分ご確認いただきますようお願い申し上げます。
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く



作中の講義・解説で使用しているスライドのデータ(PDF)をダウンロードできます!
ぜひ、DVDと合わせてご覧ください。
ダウンロードはこちらから
【↓↓スライドデータ(PDF)をダウンロード↓↓】
◇第2巻スライドデータ

世界標準の戦術は、めまぐるしく変化(進化)してきたという歴史的事実があります。そうした変化(進化)は、必ずしも指導者の指示がなくても、選手自身が無意識のうちに達成していくものであり、本編ではそれを「2対2」のビーチバレー形式のゲームで、実際に証明します。

日本がいわゆるコンビ・バレーを編み出し、世界のトップに立った1970年代以降、歩みを止めてしまったここ40年ほど "空白の時間" を取り戻すべく、まずは【リード・ブロック】戦術の理解を深めます。その【リード・ブロック】に対して現在の世界標準である【同時多発位置差攻撃】が、いかにシンプルかつ、効果的な戦術であるかを解説すると同時に、実際に体感していきます。



■「2対2」ビーチバレー形式の練習《オンコート実践》
 *両チームの "作戦" を振り返る

■ブロック側とアタック側の "かけひき" によるバレーボールの戦術変遷
 *1960年代【コミット・ブロック】対【ファースト・テンポ】
 *1970年代【コミット・ブロック】対コンビ・バレー
 *1990年代【リード・ブロック】対コンビ・バレー

■【リード・ブロック】に効果的なアタック戦術とは?
 *《問題4》俊敏な動きができない長身選手にクイックを打たせるには?

■ファースト・テンポの本質 "頂の景色(いただきのけしき)"

■【リード・ブロック】に効果的なはやさ≠ニは?
 *選択反応時間を体感《アクティビティ》
 *ヒックの法則
 *2000年代【リード・ブロック】対【同時多発位置差攻撃】

■【シンクロ助走】を体感《オンコート実践》

■まとめ&振返り
 *《2011年全日本インカレ女子準決勝》「東海大学 対 嘉悦大学」のプレー解説



(75分)
2014.5