ホーム > スポーツ > バレーボール > 『 テンポ 』 を理解すれば 、 誰でも簡単に実践できる !! 世界標準のバレーボール > 【4】 " トス " を上げずに " セット " する‼ 世界標準を達成するために必要な " あたりまえ " とは?

】" トス " を上げずに " セット " する‼ 世界標準を達成するために必要な " あたりまえ " とは?

【4】 " トス " を上げずに " セット " する‼ 世界標準を達成するために必要な " あたりまえ " とは?

商品番号 825-4

販売価格8,000円(消費税込:8,640円)

[最大400ポイント進呈 ]

数量
※商品の汚損・破損・故障等がなく、お客様のご都合での返品はお受けしておりませんので、ご注文の際には十分ご確認いただきますようお願い申し上げます。
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く



作中の講義・解説で使用しているスライドのデータ(PDF)をダウンロードできます!
ぜひ、DVDと合わせてご覧ください。
ダウンロードはこちらから
【↓↓スライドデータ(PDF)をダウンロード↓↓】
◇第4巻スライドデータ

世界標準を「チーム」で導入した際に躓く箇所は、男女やカテゴリの違い、技術レベルとは無関係にほぼ共通しています。

本編ではディフェンス戦術とセット技術の面から、「チーム」として何を最優先しなければならないのか? その真相に迫っていきます。意外なことにそれを突き詰めていくと、日本のバレー界でかつて"あたりまえ" とされていた内容に行き着きます。
しかし何が "あたりまえ" なのかをチーム全員が理解したとしても、なお、うまくいかない事態が必ず訪れます。それが、第1巻の最初に取り組んだ "ヘリウムフープ" と同じ現象。誰もがフラフープを下げようと思っているのに、どうして下がらないのか? ここにこそ、日本人特有の「組織論的な問題」があり、その核心に迫ります。



■【トータル・ディフェンス】におけるブロック戦術の考え方

■セッターに要求される "あたりまえ" のプレー@:「お膳立て」
 *スロット5の位置にテニスボールをどのように届けるか?《アクティビティ》
 *【ダイレクト・デリバリー】と【インダイレクト・デリバリー】
 *2010年代のトレンド: "コミットしても止まらない11"

■【インダイレクト・デリバリー】セット&スパイク練習《オンコート実践》

■ セッターに要求される "あたりまえ" のプレーA:
 「セットする瞬間まで、どこにセットするかの手がかりを与えないプレー動作」

■【サイド・セット】《オンコート実践》

■まとめ&振り返り

■組織論 〜うまくいかない時に考えるべき視点〜
 *世界標準を達成するために必要な "信頼" とは?



(100分)
2014.5