ホーム > スポーツ > ハンドボール > 試合を組み立てる「投げ」動作の習得 > 試合を組み立てる「投げ」動作の習得 〜スキル強化とシーンに則したスキルの選択〜【全3巻】

試合を組み立てる「投げ」動作の習得 〜スキル強化とシーンに則したスキルの選択〜【全3巻】

試合を組み立てる「投げ」動作の習得
〜スキル強化とシーンに則したスキルの選択〜
【全3巻】

セット商品

商品番号 1024-S

販売価格24,000円(消費税込:25,920円)

[最大1,200ポイント進呈 ]

【販売期間:7月2日10時0分〜】

数量
※商品の汚損・破損・故障等がなく、お客様のご都合での返品はお受けしておりませんので、ご注文の際には十分ご確認いただきますようお願い申し上げます。
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く




■指導・解説:深見 忠司(愛知県/名古屋市立滝ノ水中学校男子ハンドボール部顧問)
■実技協力:名古屋市立滝ノ水中学校男子ハンドボール部



実績に裏付けされた練習メニュー

2017年、2年生の夏まで公式戦の経験がなかった選手たちで全中を制した滝ノ水中学校。しかも、メンバー全員が中学校からハンドボールを始めた選手でした。 さらに全国大会でのパス成功率は99%(レギュラーメンバー)。 その躍進の原動力になったのは「投げることにこだわった日々の練習」と深見先生は言います。 本作ではこの驚くべき結果を生み出した練習メニューを紹介します。

≪2018年全中3試合のパス成功率≫
成功失敗合計成功率
BP合計148716150398.9%
RG合計198520200599.0%
チーム合計220633223998.5%
BP:バックプレーヤー RG:レギュラーメンバー


正しいスキルを選択して試合を組み立てる

ミスの原因は正しい動作で投げられていないこと。またスキルの選択が間違っていること。と深見先生は考えています。 そのため、スキルを投げる距離によって細分化し、どの場面で使うか意識させながら練習します。 そうすることで選手たちは試合中状況によってスキルを使い分けることができるようになり、ミスが少なくなります。

≪投げる距離でスキルを細分化≫
リスト系 5mプッシュパス、バウンドパスなど
エルボー系 8m・10mラテラルパス、ラテラルフェイク
コンパクトショルダー系 12m・15mキーパースロー、速攻のパスなど
フルショルダー系 20mシュート






2018.7