ホーム > スポーツ > バレーボール > 身長が低くても負けないチームをつくる > 身長が低くても負けないチームをつくる!!〜日本航空高校女子バレー部のステップアップドリル集〜全3枚セット

身長が低くても負けないチームをつくる!!<br>〜日本航空高校女子バレー部のステップアップドリル集〜<br>全3枚セット

身長が低くても負けないチームをつくる!!
〜日本航空高校女子バレー部のステップアップドリル集〜
全3枚セット

セット商品

商品番号 512-S

販売価格24,000円(消費税込:26,400円)

[最大1,200ポイント進呈 ]

数量
※商品の汚損・破損・故障等がなく、お客様のご都合での返品はお受けしておりませんので、ご注文の際には十分ご確認いただきますようお願い申し上げます。
DVDビデオ対応のプレーヤーでの再生を推奨しております。ゲーム機、車載DVDプレーヤー(カーナビ)等での動作は保証しておりません。
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く

■指導・解説:中村 稔(学校法人日本航空学園 日本航空高等学校 女子バレーボール部監督)
■実技:日本航空高等学校 女子バレーボール部

平成15年創部の日本航空高等学校。創部初年度は身長の低い選手が多かったにも関わらず、初年度から1年生のみで春の高校バレーに出場、その後も4年連続出場を遂げています。
限られた戦力でどう戦うのか?日本航空高校・中村稔監督が紹介します。
身長の低い選手でも負けないチームを作るためには、1本目のプレイがとても重要になります。特にサーブレシーブはバレーボールの最初のプレイですので、レシーブに対する技術や意識が高くなければ試合を優位に運ぶことはできません。そのため航空高校では、サーブレシーブの練習に最も時間を費やしています。確実なサーブレシーブ、安定したスパイクレシーブでボールを運び、セッターを含めたチーム全員が正確なトスで3本目につなげます。
長身選手の少ない航空高校では、1本目から2本目の「繋ぐプレイ」を最重要視して日々の練習を行っています。身長の低い選手でいかに戦うのか?ひろって、つないで、あげる全員バレーをご覧ください!


第1巻 サーブレシーブ&スパイクレシーブ(55分)
第2巻 セッター&スパイク練習(44分)
第3巻 コンビ練習/ローテーション/ゲーム形式の練習(57分)

2007.4

※指導・解説・協力者等の所属は発売時点のものです。