ホーム > スポーツ > サッカー > サッカー(海外) > ATTACK vs. DEFENCE 3 PHASE TRAINING SESSION > ATTACK vs. DEFENCE 3 PHASE TRAINING SESSION〜攻撃VSディフェンス 3フェーズのトレーニング法〜

ATTACK vs. DEFENCE 3 PHASE TRAINING SESSION<br>〜攻撃VSディフェンス 3フェーズのトレーニング法〜

ATTACK vs. DEFENCE 3 PHASE TRAINING SESSION
〜攻撃VSディフェンス 3フェーズのトレーニング法〜

商品番号 AS02-S

販売価格9,000円(消費税込:9,900円)

[最大450ポイント進呈 ]

数量
※商品の汚損・破損・故障等がなく、お客様のご都合での返品はお受けしておりませんので、ご注文の際には十分ご確認いただきますようお願い申し上げます。
DVDビデオ対応のプレーヤーでの再生を推奨しております。ゲーム機、車載DVDプレーヤー(カーナビ)等での動作は保証しておりません。
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く

ボロウィッチ監督の紹介するこのトレーニングDVDは、人数やシチュエーション別にフェーズ分けされており、全体に渡って、チームの素晴らしいコミュニケーションと、ユニットとして効果的な動きを学ぶよう強調し指導を行っています。


●ファーストフェーズ
ゴールの攻め方とディフェンスの陰に隠れて(ディフェンスの後に回って)のシュート。
シュートの質、サイドからのクロス、ペナルティエリアに切り込む、連携プレーなどを含みます。このトレーニングでは1対1のプレーがカギとなります。

●セカンドフェーズM
7対5のシチュエーション。
7対5のセッションでは質の良いクロス、ターゲットエリアへのパス及びヒットに注目し、コンビネーションプレーによるフィールドのセンターからの攻撃もまた、一つの焦点です。攻撃のキーは、フォワード2人による、ターゲットポジションへのヒット、タイミング、そしてゴールへの質の高いシュートである。ディフェンスとしては、カウンターアタック、ボールの保持。また攻撃と、オフサイド・ラインの見極めが重要となります。
7対5のトレーニングには「コンビネーションプレーを作り出す」「ターゲットにボールをサーブする」「ゴールへの質の高いシュートの練習」「パスの前にフィールド全体に目を配る」また、「ボールをあきらめる前にペナルティエリア内のオープンポストを見つける」、という利点があります。

●サードフェーズ
サードフェーズは11対10のシチュエーション。
ゾーンが混雑している時にフィールドの反対側へボールをスイッチすることは、11対10のソリッドプレーにおいて重要です。

●イントロダクション
●練習プレビュー
●テクニカル・ウォーミングアップ
●1対1
●7対5
●11対10
●エンディング

(72分)
2009.12発売