ホーム > スポーツ > バレーボール > 中学校女子バレー・部活指導のABC〜宮崎市バレーボール協会・中学部の取り組み〜 > レシーブフォームとスパイクにおける応用への指導方法

レシーブフォームとスパイクにおける応用への指導方法

レシーブフォームとスパイクにおける応用への指導方法

商品番号 663-4

販売価格8,000円(消費税込:8,640円)

[最大400ポイント進呈 ]

数量
※商品の汚損・破損・故障等がなく、お客様のご都合での返品はお受けしておりませんので、ご注文の際には十分ご確認いただきますようお願い申し上げます。
DVDビデオ対応のプレーヤーでの再生を推奨しております。ゲーム機、車載DVDプレーヤー(カーナビ)等での動作は保証しておりません。
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く



様々な状況でも崩れないアンダーハンドでのフォームづくりや、オーバーハンドでレシーブする際の足の運び方など、理論から応用まで紹介

「レシーブフォームとスパイクにおける応用への指導法」/宮崎市立住吉中学校 城間 保孝
■ボールをとらえる身体の形(フォーム)
*アンダーハンドパスのフォームづくり/サーブ(イージーボール)に対するレシーブ/
後退しながらレセプションのフォーム改善/レセプションとトスの複合練習
■ボールを切り替えさせる足の運び方
*バスケットボールのチェストパス/ボールを切り替える足の運び方/
セッター及びネット際のプレイヤーのトス練習
■トップスピン(ミートの感覚)のかけ方を身につける
*肩下位置でのトップスピンの出し方/腕の付け根でのトップスピンの出し方/チョップ打ち/
■城間先生のインタビュー

八幡流バレーボール指導 その4
◆4vs4バックアタック(セッターが相手にトスを上げる)
◆バックアタック(ミート/周りの人の動き)


(95分)
2011.09