ホーム > スポーツ > ソフトボール > 岡山竜操中・ソフトボール指導の「基礎工事」 > 【1】 プレーにつながる“走り”と“動きづくり”

【1】 プレーにつながる“走り”と“動きづくり”【1】 プレーにつながる“走り”と“動きづくり”

【1】 プレーにつながる“走り”と“動きづくり”

商品番号 821-1

販売価格8,000円(消費税込:8,800円)

[最大400ポイント進呈 ]

数量
※商品の汚損・破損・故障等がなく、お客様のご都合での返品はお受けしておりませんので、ご注文の際には十分ご確認いただきますようお願い申し上げます。
DVDビデオ対応のプレーヤーでの再生を推奨しております。ゲーム機、車載DVDプレーヤー(カーナビ)等での動作は保証しておりません。
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く



「いい走りをすることがいいプレーに変わる」をモットーとした指導を紹介していきます。やっているメニュー自体は新鮮なものではありません。しかし、その考え方や意識させるポイントはこれまでのソフトボールではあまり言われてこなかったものです。「なにをやるか」ではなく「どうやるか」に着目してご覧ください。


■イントロダクション※2巻共通

■ストレッチ
呼吸を意識し、腹圧を高めながら行います。また、リズムを伴いながら肩甲骨や股関節の動きを導いていきます。
 ・ストレッチ
 ・ブラジル体操
 ・メンタルトレーニング

■サイキング
目線と呼吸に重点を置きながら、チームでのランニングを行っていきます。呼吸を合わせ、心を合わせ、そして目線を合わせます。
 ・チームランニング

■テクニカル
ミニハードルを使って、自然に「いい走り」ができるように導いていきます。ここでも目線や肩甲骨の動きに焦点を当て、指導をしていきます。
 ・走りのリズム矯正

■走りの動きづくり
ソフトボールの技術に直結する、走りを中心とした動きづくりを行います。岡山竜操中でこだわっている「スタート」を紹介しています。
 ・スキップ
 ・バウンディング
 ・軸足スタート&ダッシュ
 ・半身ダッシュ
 ・正しい軸足スタート


(47分)
2013.12