ホーム > スポーツ > ソフトボール > 岡山竜操中・ソフトボール指導の「基礎工事」 > 【2】 ここからはじめる!“走塁”と“キャッチボール”

【2】 ここからはじめる!“走塁”と“キャッチボール”【2】 ここからはじめる!“走塁”と“キャッチボール”

【2】 ここからはじめる!“走塁”と“キャッチボール”

商品番号 821-2

販売価格8,000円(消費税込:8,800円)

[最大400ポイント進呈 ]

数量
※商品の汚損・破損・故障等がなく、お客様のご都合での返品はお受けしておりませんので、ご注文の際には十分ご確認いただきますようお願い申し上げます。
DVDビデオ対応のプレーヤーでの再生を推奨しております。ゲーム機、車載DVDプレーヤー(カーナビ)等での動作は保証しておりません。
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く



動きの基礎を学んだあとは、ソフトボールの動きにつなげていきます。走塁とキャッチボールという、ビギナーがまず取り組むべき要素を例に紹介します。ここで大切なのは細かい技術よりも、どのように体を使っているかということ。ここに出ていない打つ・守るという動作にもすべてつながってきます。


■イントロダクション ※2巻共通

■走塁
1年生など、ビギナーとしてソフトボールを覚えるときには、まず走塁から覚えるようにしています。目線の運び、ベースコーチの仕方などをこだわりの理論で紹介していきます。
 ・ダッシュ
 ・一塁を駆け抜ける場合
 ・一塁オーバーランの場合
 ・盗塁
 ・一塁から三塁を狙う場合
 ・走塁について
 
■キャッチボール
1巻目で身につけた動きを応用し、投げる動作につなげていきます。走る動きと投げる動きには密接な関係があります。普段のキャッチボールも意識次第で変わることが実感できるはずです。
 ・キャッチボール
 ・動きながらのキャッチボール
 ・四角パス

■おわりに



(69分)
2013.12