ホーム > スポーツ > バレーボール > バレーボール初心者を育てる「上達の仕組みとエッセンス」 > 【第2巻】間合いでつくる「オーバー&セッター」と「レシーブ」

【第2巻】間合いでつくる「オーバー&セッター」と「レシーブ」

【第2巻】間合いでつくる「オーバー&セッター」と「レシーブ」

商品番号 897-2

販売価格8,000円(消費税込:8,800円)

[最大400ポイント進呈 ]

数量
※2024年5月2日(木)9:00以降のご注文は、2024年5月7日(火)より順次発送いたします。

送料改定について重要なお知らせがあります。詳細は、こちらをご確認ください。

※商品の汚損・破損・故障等がなく、お客様のご都合での返品はお受けしておりませんので、ご注文の際には十分ご確認いただきますようお願い申し上げます。
DVDビデオ対応のプレーヤーでの再生を推奨しております。ゲーム機、車載DVDプレーヤー(カーナビ)等での動作は保証しておりません。

お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く



セッターが実戦のなかで使う動きを、効率的な練習に落とし込んでいきます。セット(トス)は、アンダーよりもオーバーで行うことが望ましいのがなぜかがわかるはずです。後半はディグとレセプション。シンプルなアドバイスで変わっていく様子は必見です。いずれのスキルでも重視したいのが個々の体格や身体能力を考慮して、手の形やフォームといった「型はめ」ではなく、タイミングや間合いの取り方でつかむことです。意識ひとつでプレーの質は変わります。



■イントロダクション

■オーバーハンドパス
 ◎飛びつきキャッチ    「カタチ」よりも「タイミング」 
 ◎床反力を使う    「カタチ」よりも「動作」 
 ◎「イチ・ニ」のタイミングを掴む
 ◎様々なオーバーハンドパス

■セッター
 ◎セットとパスの違い
 ◎ランニングセット
 ◎ダッシュ&ストップ
 ◎3つのセット
 ◎ハイセット/方向転換
 ◎クイックのセット
 ◎セットの「質」の違い    2つのクイックを紹介 

■ディグ・レセプション
 ◎ディグのタイミング
 ◎“肘の眼”を向ける
 ◎タイミングに重点を置いたレセプション
 ◎レセプション→セット→スパイク
 ◎2人のレセプション→セット→クイック


(70分)
2015.8