ホーム > 歯科 > 歯科衛生士 > チームで視まもる口腔粘膜・診査診断テクニック > チームで視まもる口腔粘膜・診査診断テクニック 【全1巻】

チームで視まもる口腔粘膜・診査診断テクニック

チームで視まもる口腔粘膜・診査診断テクニック
【全1巻】

セット商品

商品番号 DE177-S

販売価格5,000円(消費税込:5,500円)

[最大250ポイント進呈 ]

数量
※商品の汚損・破損・故障等がなく、お客様のご都合での返品はお受けしておりませんので、ご注文の際には十分ご確認いただきますようお願い申し上げます。
DVDビデオ対応のプレーヤーでの再生を推奨しております。ゲーム機、車載DVDプレーヤー(カーナビ)等での動作は保証しておりません。
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く



☆ 定期検診で軟組織をチェック!口腔内外診査で口腔がんの早期発見に繋がる目線を!

☆がん治療のサポートにも歯科衛生士の存在が必要です。患者さんの人生に寄り添うチームを作ろう!


■解説:照山裕子
 (歯科医師/歯学博士/有限会社エイチ・エムズコレクション 執行役員)
世界でも専門家の少ない、頭頸部および顎顔面領域の腫瘍や先天性疾患・外傷などのリハビリ治療を専門に扱う『顎顔面補綴学』を専攻。
口腔がんは早期発見が可能な腫瘍であるにも関わらず罹患率に対して致死率が非常に高い疾患であることを目の当たりにし、生活者が疾病を未然に防ぐための情報発信を開始。口腔が生命を支える臓器であることを鑑み、オーラルフレイル対策にも注力している。
「正しい医学知識が健康寿命を支える」という信念のもと、テレビ・ラジオ等でのメディア出演の他、講演活動で口腔ケアに関する意識改革を啓発。文筆家としての一面も持ち、2017年に出版した『歯科医が考案・毒出しうがい』は13万部を超えるベストセラーに。新聞・雑誌・Webコラム多数。


口腔はすべての入り口であり、生命を司る臓器です。歯や歯周組織だけでなく粘膜などの軟組織の変化に着目し、「口腔がん」を早期発見することも歯科医療従事者の大切な役割です。定期検診に取り入れやすいテクニックをマスターし正しく実践するための知識をお伝えするとともに、代表的な粘膜病変の症例写真も掲載しています。
患者さんを視まもるクリニックを目指し、日々の業務に活用していただければと思います。



 DE177-S チームで視まもる口腔粘膜・診査診断テクニック(58分)
はじめに:時代背景
オーラルフレイル対策の重要性
口腔内外チェックの基礎知識
がん患者さんの口腔内管理
おわりに

本編ピックアップ動画


2019.9
(58分)