ホーム > 医療 > リハビリテーション/理学療法 > 成人・高齢者の摂食嚥下リハビリテーション > 成人・高齢者の摂食嚥下リハビリテーション 〜摂食嚥下の基本と評価・介入法の実際〜【全3巻・分売不可】

成人・高齢者の摂食嚥下リハビリテーション

成人・高齢者の摂食嚥下リハビリテーション
〜摂食嚥下の基本と評価・介入法の実際〜
【全3巻・分売不可】

セット商品

商品番号 ME262-S

販売価格21,000円(消費税込:23,100円)

[最大1,050ポイント進呈 ]

数量
※商品の汚損・破損・故障等がなく、お客様のご都合での返品はお受けしておりませんので、ご注文の際には十分ご確認いただきますようお願い申し上げます。
DVDビデオ対応のプレーヤーでの再生を推奨しております。ゲーム機、車載DVDプレーヤー(カーナビ)等での動作は保証しておりません。
※新型コロナウイルス予防対策に伴う出荷・配送期間の変更について重要なお知らせがございます。詳細は、こちらをご確認ください。
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く



★OT・ST・PTのための摂食嚥下スタンダードDVD!

★エクササイズや摂食嚥下訓練、ポジショニングの基本知識を豊富な実技動画で解説!

■解説・監修:大橋 幸子(文京学院大学 保健医療科学研究科 教授/作業療法士・言語聴覚士)
■実技・解説:目黒 篤(西新潟中央病院 リハビリテーション科 言語聴覚士)

嚥下造影検査(VF)、嚥下内視鏡検査(VE)画像提供:国立病院機構 西新潟中央病院

口からおいしく安全に食べることは、栄養面はもちろん、リスク管理とQOLに直結した大切な機能です。摂食嚥下リハビリテーションは、長寿日本において大きな注目を集めている分野です。

このDVDでは、セラピストが“これだけはおさえておきたい”というポイントを厳選し、摂食嚥下のメカニズムや評価・訓練法を豊富な動画を用いて解説。疾患別の摂食嚥下リハビリテーションでは、脳卒中、認知症に加え、パーキンソン病、脊髄小脳変性症・多系統萎縮症、筋委縮性側索硬化症など、神経変性疾患の摂食嚥下障害の病態解説と基本的アプローチを紹介します。

このDVDで、正しい評価・介入法を学び、臨床に活かしていただければと思います。

ME262-1 摂食嚥下の基礎と評価(51分)

ME262-1摂食嚥下の基礎と評価

Introduction
摂食嚥下の包括的評価
摂食嚥下評価の概要
スクリーニング評価
◎評価の目的と流れ
◎頸部聴診法
◎反復唾液嚥下テスト
◎改定水飲みテスト
◎水飲みテスト
◎フードテスト
精密検査
その他の評価

ME262-2 摂食嚥下訓練(56分)

ME262-2  摂食嚥下訓練

Introduction
間接訓練
◎概要
◎嚥下体操
◎口唇・舌・頬の訓練
◎アイスマッサージ
◎K-point刺激
◎プッシング・プリング訓練
◎頭部挙上訓練
◎メンデルソン法
◎咳嗽訓練・排痰訓練
◎バルーン拡張法
◎補綴装具を使用した訓練
直接訓練
◎概要
◎代償的嚥下法
・複数回嚥下
・息こらえ嚥下
・交互嚥下
・うなずき嚥下
・横向き嚥下
・随意的な咳と発声
◎好ましい摂食姿勢
◎段階的摂食訓練
日本摂食嚥下リハビリテーション学会 嚥下調整食分類2013
まとめ


ME262-3 病態別・原因疾患別アプローチ(75分)

ME262-3 病態別・原因疾患別アプローチ

Introduction
嚥下病態別アプローチ
◎概要
◎先行期へのアプローチ
◎準備期へのアプローチ
◎口腔期・咽頭期へのアプローチ
◎食道期へのアプローチ
原因疾患別アプローチ
◎脳血管障害
・摂食嚥下にかかわる脳神経のみ方
・片麻痺患者における臥位の食事介助
・頭頸部ポジショニングの補助具
◎認知症
◎パーキンソン病
◎進行性核上性麻痺
◎脊髄小脳変性症・多系統萎縮症
◎筋萎縮性側索硬化症



本編ピックアップ動画

2020.1