ホーム > 医療 > リハビリテーション/理学療法 > 腰部疾患に対する手術後の理学療法 > 腰部疾患に対する手術後の理学療法〜早期社会復帰に向けた取り組み〜【全2巻・分売不可】

腰部疾患に対する手術後の理学療法

腰部疾患に対する手術後の理学療法
〜早期社会復帰に向けた取り組み〜
【全2巻・分売不可】

セット商品

商品番号 ME273-S

販売価格15,000円(消費税込:16,500円)

[最大750ポイント進呈 ]

数量
※商品の汚損・破損・故障等がなく、お客様のご都合での返品はお受けしておりませんので、ご注文の際には十分ご確認いただきますようお願い申し上げます。
DVDビデオ対応のプレーヤーでの再生を推奨しております。ゲーム機、車載DVDプレーヤー(カーナビ)等での動作は保証しておりません。
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く



 ★ 早期社会復帰のためにセラピストができることとは

 ★ 術前、術後における一連の関わり方を紹介

指導・解説:石田 和宏
我汝会えにわ病院 リハビリテーション科 科長/北海道大学 臨床指導教授

腰部疾患に対する手術では、症状が100%消失するケースは少なく、術後は残った症状と向き合うことが必要になります。

本DVDでは、その残った症状を軽快させ、患者が早期に社会復帰を果たし、満足した生活を送ることができるか、という観点から行う理学療法のポイントを紹介します。

まずは手術に至る腰部疾患の代表として挙げられる、腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱狭窄症、椎体骨折について整理し、術前理学療法評価について実技を交えて解説。この評価は術後の変化を見極め、早期介入をより効果的にするために必要となります。その後、早期介入のポイントを整理し、術後の理学療法について解説、実技を紹介します。

特徴は、評価と治療だけではなく、術前、術後における患者との一連の関わり方を紹介していること。これは石田氏を中心とした、えにわ病院の経験と臨床研究に基づいたものです。セラピストの皆様には、実際の臨床現場から考案されたこの取り組みを、患者の早期社会復帰にお役立ていただけると幸いです。

 ME273-1 術前理学療法評価(77分)

ME273-1術前理学療法評価

イントロダクション

基礎知識の整理
腰椎椎間板ヘルニア
腰部脊柱管狭窄症
椎体骨折

術前理学療法評価におけるポイント
情報収集と評価
MMST
PPUT
矢状面の評価
前額面の評価
ケンプテスト
後屈の疼痛軽減テスト
前屈の疼痛軽減テスト

 ME273-2 術後理学療法(54分)

ME273-2術後理学療法

術後の早期介入について
手術後の確認事項
ベッドサイドにおける患者のサポート
離床後のADL評価

術後理学療法のポイント
腰椎術後の理学療法プロトコール
術後早期からの積極的な物理療法
出来る限り良い姿勢に
術後1カ月のODI score
腰椎の後屈可動性改善のストレッチ
回旋ストレッチ
股関節のmobilization
多裂筋の促通
大腰筋の促通
大腰筋強化/体幹筋強化
自宅退院に向けたADL指導


本編ピックアップ動画



2020.2