ホーム > 教育 > 数学 > 高校数学新課程「数学V 複素数平面」の指導法 > 【2】 複素数の基本レクチャー(2)と入試対策

【2】 複素数の基本レクチャー(2)と入試対策【2】 複素数の基本レクチャー(2)と入試対策

【2】 複素数の基本レクチャー(2)と入試対策

商品番号 K13-2

販売価格8,000円(消費税込:8,640円)

[最大400ポイント進呈 ]

数量
※商品の汚損・破損・故障等がなく、お客様のご都合での返品はお受けしておりませんので、ご注文の際には十分ご確認いただきますようお願い申し上げます。
DVDビデオ対応のプレーヤーでの再生を推奨しております。ゲーム機、車載DVDプレーヤー(カーナビ)等での動作は保証しておりません。
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く



第2巻のテーマは「回転」と「入試研究」。

新課程の入試では、行列がなくなったため、行列における回転変換の代わりに、複素数平面における回転が扱われる可能性が非常に高いと考えられます。特別授業では、極形式で表した複素数の回転の考え方を用いて、マイナス×マイナスがプラスになる理由を解説します。



<Chapter1. 複素数の基本レクチャー>
■Part6. 特別授業:「マイナス×マイナス=プラス」なぜだろう?
■Part7. 実践授業:1のn乗根

<Chapter2. 複素数をテーマとする入試研究>
■複素数の入試問題について
■典型例題(1)
■典型例題(2)
■典型例題(3)
■典型例題(4)

<Chapter3. 終わりに>
■世界で最も美しい等式


(72分)
2013.06