ホーム > スポーツ > バレーボール > 勝負のカギを握る“サーブ力”を高める指導 > 勝負のカギを握る“サーブ力”を高める指導〜打点、スピード、コースを意識した「攻めるサーブ」を目指して〜

勝負のカギを握る“サーブ力”を高める指導〜打点、スピード、コースを意識した「攻めるサーブ」を目指して〜

勝負のカギを握る“サーブ力”を高める指導
〜打点、スピード、コースを意識した「攻めるサーブ」を目指して〜

商品番号 1119-S

販売価格5,000円(消費税込:5,500円)

[最大250ポイント進呈 ]

数量
東京2020オリンピック・パラリンピック開催に伴う配送についての重要なお知らせがございます。
詳細は、「Home」のINFORMATIONも併せてご確認ください。

※商品の汚損・破損・故障等がなく、お客様のご都合での返品はお受けしておりませんので、ご注文の際には十分ご確認いただきますようお願い申し上げます。
DVDビデオ対応のプレーヤーでの再生を推奨しております。ゲーム機、車載DVDプレーヤー(カーナビ)等での動作は保証しておりません。
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く



■指導解説:水野 秀一(関西福祉大学 女子バレーボール部 監督)
■実技協力:兵庫県/関西福祉大学 女子バレーボール部
■協力:株式会社 ミカサ



理論に基づいた効果的なサーブを打つ!

バレーボール女子日本代表でサーブコーチを務め、現在は関西福祉大学で指揮をとる水野秀一監督が 自らの豊富な経験と知識により辿り着いた 「得点を狙えるサーブ」について徹底的に解説します。





サーブで得点を狙うための三大要素

サーブには「ポイントを取る」「レシーブを崩し、相手の攻撃を単調にする」「リズムを作る」という、3つの目的があります。
これら3つの目的を踏まえて、重要となるのが「打点の高さ」「打球のスピード」「狙うコース」です。





三大要素を意識させた効果的な練習方法

練習を進める上で最も重要となるのが、選手たちへの意識づけです。
シンプルなキーワードを練習中から常に用いることで、実際の緊迫したゲームの中でも自然と発揮できると力が身につくと水野監督は話します。

打点の高さ=できるだけ高く!
打球のスピード=できるだけ速く!
狙うコース=ストレートで!





≪収録内容≫ 41min

■サーブの重要性

■サーブの打ち方
 ・サーブの打ち方(トス&ジャンプ)
 ・ボールの持ち方(両手/片手)
 ・サーブ前 ルーティン

■打点の高さを意識する
 ・アタックライン
 ・中間
 ・エンドライン

■ボールスピードを意識する

■打つコースを意識する

■ショートサーブ/フェイクサーブ
 ・ショートサーブ
 ・フェイクサーブ

■フローターサーブのポイント

監督と選手が解説‼ 見どころ徹底紹介

2021.3