ホーム > 理学療法/リハビリテーション > 商品一覧 > Sue Falsone Cervical Thoracic Junction > Sue Falsone Cervical Thoracic Junction頸胸椎移行部〜解剖学的構造の理解と治療戦略〜【全1巻】

Sue Falsone Cervical Thoracic Junction頸胸椎移行部〜解剖学的構造の理解と治療戦略〜【全1巻】

Sue Falsone Cervical Thoracic Junction
頸胸椎移行部
〜解剖学的構造の理解と治療戦略〜
【全1巻】

セット商品

商品番号 ME299-S

販売価格10,000円(消費税込:11,000円)

[最大500ポイント進呈 ]

数量
※商品の汚損・破損・故障等がなく、お客様のご都合での返品はお受けしておりませんので、ご注文の際には十分ご確認いただきますようお願い申し上げます。
DVDビデオ対応のプレーヤーでの再生を推奨しております。ゲーム機、車載DVDプレーヤー(カーナビ)等での動作は保証しておりません。
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く


■解説:
Sue-Falsone スー・ファルソニ(Structure & Function 代表/理学療法士/ATC/CSCS)

【CLICK】Sue-Falsoneプロフィール

■翻訳:嶋田 あゆみ(Kinetikos)



★あなたのクライアントは、緊張した肩や首の痛みを我慢していませんか?

★肩の緊張と首の痛みを和らげるミッシングリンク!

★肩とその周辺の治療の専門家による予防と治療の戦略!


人々は、通勤に長時間を費やし、スマホを見たり、コンピューターで仕事をしたりするなど、デジタルメディアに多くの時間を費やしています。

これらの活動はしばしば座って行われ、それは人々の姿勢に混乱をもたらし、身体のさまざまな部分にストレスをかける可能性があります。

このストレスと緊張に関わる重要な場所の1つが頸胸椎移行部です。

頸胸椎移行部は複雑な領域であり、肩の緊張や首の痛みなど、周囲の領域に重大な問題を引き起こす可能性があるにもかかわらず、この領域は専門家から見過ごされがちです。

スー・ファルソニは、優秀なアスリートとの仕事の経験を活かして、身体のこの領域の問題を軽減するために使用できる実践的なエクササイズと戦略を示しています。

肩の緊張と首の痛みを和らげるのに欠けているリンク、ミッシングリンクを、あなたの専門的知識の一つとして加えてください。

何よりも、肩や首の痛みから人々を解放するために必要な知識とツールを身に付けることができます。






イントロダクション

頸胸椎移行部の解剖学的構造を理解する

専門家がクライアントの首・肩の痛みと緊張を和らげるための最初のステップは、頸胸椎移行部の解剖学的構造を理解することです。 解剖学的構造を理解することで、どのような問題が存在する可能性があり、それらを修正する方法を理解することができます。

・なぜ頸胸椎移行部が扱いにくい領域になるのか
・頸椎、胸椎の椎体の形状、皮膚分節及び神経根の分布
・頸胸椎移行部の骨運動学と関節運動学

呼吸を使った動きの促進

身体の特定の領域を動員するためのツールとして呼吸を使用する方法を示します。この知識は、頸胸椎移行部などの特定の領域を対象とする場合にとても役立ちます。

・あなたの患者またはクライアントは正しく呼吸していますか?
・3種類の呼吸と、患者またはクライアントに見られるべきもの
・適切に呼吸する方法を教えるときに人々と一緒に使用するキュー
・屈曲や伸展を促進するために呼吸を使用する方法
・身体の位置を変更し、呼吸を使用して胸椎のさまざまな領域を動員する方法
・呼吸時に予備吸気量を利用して体幹を活性化し、体幹の安定性を向上させる方法

姿勢の改善

少しの予防が、しつこい痛みから解放するのに大いに役立ちます。 姿勢を改善することは、頸胸椎移行部の緊張の蓄積を最小限に抑えるための1つの重要な方法ですので、肩と首を最適に機能させたいと考えている人にとっては必須です。

・理想的な姿勢とは何か、それはどのように見えるか、そして悪い姿勢はどのように見えるか
・腰部へのサポートにより自然なアライメントを取り戻す

肩と首の緊張を和らげる

特定の頸部胸部の問題を軽減するために、クライアントと一緒に使用できる簡単なエクササイズを、アスリートモデルを使用して紹介します。 これにより、運動がどのように実行されるかを理解でき、自分のクライアントに対して実施する際にも自信を持てるようになります。

・患者が肩の上部と首の下部で感じる緊張の量を減らす方法
・肩の上部と首の下部に緊張がある人によく見られる一般的な代償パターン
・肩甲上腕関節周辺の筋肉の1つに可動性の問題があるかどうかを識別する方法
・肩の上部の領域をリラックスさせるためにできる簡単な方法
・壁を利用して、バイオフィードバックバイオフィードバックを与え認識させる方法
・セラバンドを使ったウォールウォークによる僧帽筋下部線維を活性化させるエクササイズ
・頸椎深層屈曲筋を活性化させて、頸椎移行部の緊張を和らげるエクササイズ
・「レインボー・ブリージング」呼吸によって胸椎下部を動かし、頸椎移行部の緊張を 和らげるエクササイズ
・「フロアスライド」後面の活性化、多くの肩甲骨周辺筋を活性化させ、同時に前面を 伸ばしてくれるエクササイズ
・胸部の可動性を改善し、僧帽筋下部を活性化すると同時に、僧帽筋上部の緊張を 和らげる方法
・「アップドッグ/ダウンドッグ」体力をつけ、上背部の可動性を向上させるヨガの動き

(58分)


2022.3