ホーム > 理学療法/リハビリテーション > 商品一覧 > 腰部疾患 術前・術後の理学療法 > 腰部疾患 術前・術後の理学療法【DVD3枚組・分売不可】

腰部疾患 術前・術後の理学療法【DVD3枚組・分売不可】

腰部疾患 術前・術後の理学療法
【DVD3枚組・分売不可】

セット商品

商品番号 ME311-S

販売価格21,000円(消費税込:23,100円)

[最大2,100ポイント進呈 ]

数量
送料改定について重要なお知らせがあります。詳細は、こちらをご確認ください。

※商品の汚損・破損・故障等がなく、お客様のご都合での返品はお受けしておりませんので、ご注文の際には十分ご確認いただきますようお願い申し上げます。
DVDビデオ対応のプレーヤーでの再生を推奨しております。ゲーム機、車載DVDプレーヤー(カーナビ)等での動作は保証しておりません。

お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く

ME311
■講師:
宮城島 一史(我汝会 えにわ病院 リハビリテーション科)
小池 ジョーダン正(我汝会 えにわ病院 リハビリテーション科)
森川 大貴(我汝会 えにわ病院 リハビリテーション科)
商品No.ME311-S




基礎知識を踏まえた術前・術後の理学療法を学ぶ

このシリーズでは代表的な腰部の疾患である、「腰椎椎間板ヘルニア」「腰部脊柱管狭窄症」「椎体骨折」を取り上げ、術前・術後の理学療法について学びます。

商品画像


それぞれの疾患とも、内容については、
1.患者を担当するために必要な基礎知識
2.術前評価のポイントと臨床推論
3.術後理学療法のポイントと臨床推論
の3つに分けて話を進めていきます。



情報収集と術前・術後の評価から臨床推論へ

重要なのは基礎知識を踏まえた理学療法実施前の情報収集です。
術前の理学療法評価は、介入前の情報収集と、主観的評価や客観的評価から得られる情報を基に、術後の予後予測を行います。
術後の理学療法は、重篤な合併症の有無を評価し、手術部位のリスクを考慮しながら、機能改善、ADL能力向上を図ります。

商品画像

ここでは、以上の流れに沿って、スライドを用いた解説と実技動画を交えながらわかり易く紹介していきます。
今回の動画がみなさまの診療の一助となれば幸いです。


サンプル動画





ME311-1「腰椎椎間板ヘルニア」〜ヘルニア摘出術前後の理学療法〜(82分)

講師:宮城島 一史(我汝会 えにわ病院 リハビリテーション科)

患者を担当するために必要な基礎知識
 ・腰椎椎間板ヘルニアとは
 ・腰椎椎間板ヘルニアの診断
 ・腰椎椎間板ヘルニアの治療
 ・LDH術後理学療法

術前評価のポイントと臨床推論@
 ・介入前の情報収集
 ・主観的評価

術前評価のポイントと臨床推論A
 ・客観的評価
 ・術後理学療法の説明

術後理学療法のポイントと臨床推論
 ・術後早期の注意点とADL指導のポイント
 ・初回介入時の理学療法評価
 ・術後7日目の評価・介入
 ・本症例に対する入院中の理学療法
 ・患者教育




ME311-2「腰部脊柱管狭窄症」〜腰椎除圧・固定術前後の理学療法〜(89分)

講師:小池 ジョーダン正(我汝会 えにわ病院 リハビリテーション科)

患者を担当するために必要な基礎知識
 ・腰部脊柱管狭窄症とは
 ・腰部脊柱管狭窄症の診断
 ・腰部脊柱管狭窄症の治療
 ・LSS術後の理学療法

術前評価のポイントと臨床推論@
 ・情報収集
 ・主観的評価

術前評価のポイントと臨床推論A
 ・客観的評価
 ・術後に関する説明

術後理学療法のポイントと臨床推論
 ・術後初回介入前の確認事項
 ・初回介入時の理学療法評価
 ・術後の基本動作指導
 ・術後の臨床推論
 ・運動療法
 ・退院時指導




ME311-3「椎体骨折」〜経皮的椎体形成術前後の理学療法〜(79分)

講師:森川 大貴(我汝会 えにわ病院 リハビリテーション科)

患者を担当するために必要な基礎知識
 ・椎体骨折とは
 ・椎体骨折の診断
 ・椎体骨折の治療(法経皮的椎体形成術:BKP)

術前評価のポイントと臨床推論
 ・理学療法介入前情報の整理
 ・主観的評価
 ・客観的評価

術後理学療法のポイントと臨床推論
 ・初回離床までの準備と評価
 ・術後2日目以降(姿勢評価を考慮した疼痛評価)
 ・運動療法
 ・退院時:患者教育(ADL指導)






2023.7