ホーム > スポーツ > バレーボール > 吉田清司のバレーボールコンセプト基礎から始める“スパイク&サーブ”クリニック > 吉田清司のバレーボールコンセプト〜基礎から始める“スパイク&サーブ”クリニック〜(全4枚)

吉田清司のバレーボールコンセプト<br>〜基礎から始める“スパイク&サーブ”クリニック〜(全4枚)<br>吉田清司のバレーボールコンセプト<br>〜基礎から始める“スパイク&サーブ”クリニック〜(全4枚)<br>

吉田清司のバレーボールコンセプト
〜基礎から始める“スパイク&サーブ”クリニック〜(全4枚)

セット商品

商品番号 757-S

販売価格32,000円(消費税込:34,560円)

[最大1,600ポイント進呈 ]

数量
※商品の汚損・破損・故障等がなく、お客様のご都合での返品はお受けしておりませんので、ご注文の際には十分ご確認いただきますようお願い申し上げます。
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く



○スパイクを構成する“3つの回転動作”を吉田流ドリルで身につける!
○得点の90%は4回のラリーで決まる。サーブは「貴重な最初の攻撃」だ!
○適切な練習で、誰でもジャンプフローターサーブ&ジャンプサーブが打てるように!
○個のスキル「スパイク&サーブ」の強化が、チームの強化に直結する!



■指導・解説:吉田 清司(FC東京バレーボールチーム総監督)
■実技協力:盛岡女子高等学校バレーボール部 (平成25年度より盛岡誠桜高等学校に校名変更)

吉田清司(よしだせいじ)
1959年岩手県盛岡市出身。FC東京バレーボールチーム総監督。専修大学教授。ソウル五輪で全日本女子のコーチを務め、2005年からは全日本男子のアナリストとして北京五輪出場に貢献した。主な著書に『基本から戦術までバレーボール』(日東書院)がある。



バレーボールの技術のうち、特に個人のスキルが際立つシーンが2つあります。全得点の半数以上を占める『スパイク』、そして全ての起点となる『サーブ』です。
このDVDでは、これら2大スキルを指導するための、知っておきたい基礎知識や効果的なドリルを紹介しています。指導・解説をしてくれたのはプレミアリーグFC東京の吉田総監督。大学教授でもあり、全日本チームでアナリストも務めた、日本バレー界きっての理論派として知られています。
本編では、スパイク編、サーブ編ともそのメカニズムを解説したうえで、誰もが簡単にできるドリルで技術を習得していきます。「基本的な技術だったけど、知らないことも多かった」「改めて動きが確認できてとっても参考になった」。初対面でモデルになった高校生たちにも大好評の内容でした。
正しい技術が身につけば、チームの強さにも繋がるこれらのスキル。ぜひこのDVDを指導にお役立てください!







757-1 スパイク(1) 〜メカニズムを理解し、ドリルで身につける〜(75分)
757-2 スパイク(2) 〜段階的に動作をつくり上げる〜(55分)
757-3 サーブ(1) 〜フローターサーブを武器に変える〜(60分)
757-4 サーブ(2) 〜誰でもジャンプサーブが打てるように〜(45分)


2012.10



【応用編】
基本技術が身につき始めた中学生にお勧めの
「戦術」DVDシリーズ

低身長チームに向けた具体的な戦い方も収録されています!