ホーム > スポーツ > 野球 > 硬式野球 > 「 同調・ライン・近距離 」でつくる“ 強打 ”のチーム > 「 同調・ライン・近距離 」でつくる“ 強打 ”のチーム〜 好投手に打ち勝つための「理論」と「対策」 〜【全1巻】

同調・ライン・近距離」でつくる“強打”のチーム

「 同調・ライン・近距離 」でつくる“ 強打 ”のチーム
〜 好投手に打ち勝つための「理論」と「対策」 〜
【全1巻】

商品番号 949-S

販売価格8,000円(消費税込:8,640円)

[最大400ポイント進呈 ]

数量
※商品の汚損・破損・故障等がなく、お客様のご都合での返品はお受けしておりませんので、ご注文の際には十分ご確認いただきますようお願い申し上げます。
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く

この商品の平均評価:おすすめ度(4.5) 4.33


★「低めのボール球に手を出さないため」に強豪校が取り組んでいる方法とは!?
★動から動のタイミング、振り幅を取る、地面反力を生かす、コックを緩めない… キーワードが盛りだくさん!

■指導・解説:関口 清治(盛岡大学附属高等学校 教諭)
■実技協力:岩手県/盛岡大学附属高等学校


ヒットのおかわりが止まらない!“わんこそば打線”
バッティングに悩む指導者に朗報!
常に強打のチームを作りあげる、盛岡大附属・関口氏による「打撃指導」を公開します。
関口氏の打撃のルーツは、大学の先輩でもある金沢成奉氏(明秀日立)の理論にあります。
「一番大事なのはタイミング、そしてボールのラインにバットを入れていく」
という考え方を入り口に、それぞれの局面で特徴的な言い回しを展開していきます。
この理論を実践し、自分たちのものにしている学校は、いずれも強打でその名を轟かせています。
また、多くのプロ選手を輩出し、その後も活躍を続けています。
多くのリクエストがあったこのDVDを、ぜひ打撃改善にお役立てください!







<収録内容>

■イントロダクション

■@タイミング&始動

■A軸をつくる&体重移動

■B振り幅を大きく

■Cラインにバットを入れる

■D低目の見極め

■E右投げ左打ちの弊害

■ティーバッティング
 (1)バックステップ
 (2)バッター始動
 (3)早振り

■課題克服
 (1)下半身を上手く使えない
 (2)開きが早い
 (3)打席に入ると力んでしまう

■実戦対策
 (1)コースの打ち分け
 (2)追い込まれた際のバッティング
 (3)左投手対策
 (4)変則投手対策

■素振りのポイント


2016.9

中学指導者さん(2件) 購入者

石川県/40代/男性 投稿日:2017年10月10日

おすすめ度 おすすめ度(5.0)

タイミングの取り方やスイングの軌道などの説明が選手にはわかりやすかったようです。見逃し方の注意点を改善して、格段に調子が上がった選手も多くなりました!

こうやんさん(1件) 購入者

鹿児島県/40代 投稿日:2016年10月11日

おすすめ度 おすすめ度(4.0)

とても参考になりました。息子の今の指導者は上から叩いて転がせという指導方法で疑問に思っていました。息子と一緒にDVDを見ながら練習に取り組みたいと思います。

tommyさん(1件) 購入者

非公開 投稿日:2016年09月29日

おすすめ度 おすすめ度(4.0)

DVD1巻にしては、内容的に盛りだくさんで値段相応の価値はあった。但しそれ故に細かな部分(例えば手首のコックや左バッターの肘の入りなど)についての細かな解説が無かったのは残念であった。また今回は室内での撮影であったため、実際の打球にどのくらい変化が現れるのかが分かりにくかった。次回作では屋外での打撃で変化を実証していただきたい。