ホーム > 医療 > リハビリテーション/理学療法 > 機能解剖学に基づいた手指・肘関節の治療戦略 > 【 Aセット 】 手指骨折後の治療戦略〜 MP関節へのアプローチを中心に 〜【全2巻・分売不可】

【 Aセット 】 手指骨折後の治療戦略〜 MP関節へのアプローチを中心に 〜【全2巻・分売不可】

【 Aセット 】 手指骨折後の治療戦略
〜 MP関節へのアプローチを中心に 〜
【全2巻・分売不可】

セット商品

商品番号 ME227-A

販売価格14,000円(消費税込:15,120円)

[最大700ポイント進呈 ]

[ 送料個別 540円 ]

数量
※商品の汚損・破損・故障等がなく、お客様のご都合での返品はお受けしておりませんので、ご注文の際には十分ご確認いただきますようお願い申し上げます。
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く


手指骨折の手術後に生じる障害は、可動域制限が主となります。
その要因としては、浮腫、伸展機構の機能不全、関節拘縮などが考えられます。
それぞれの病態、治療方法について解説します。


 ME227-A1 骨折後の治療の流れと浮腫への対応(57分)
構成関節の特徴
骨折の発生機序と骨折後の障害
屈筋腱の走行
治療の流れ

<浮腫>
発生原因
着眼すべきポイント
治療戦略
 ◎早期Edemaへの対応
 ◎手背に生じたEdemaに対して
 ◎アーチ形成テーピング



 ME227-A2 伸展機構の機能不全と関節拘縮への対応(48分)
<伸展機構の機能不全>
基本構造
治療戦略
 ◎ROM制限の治療
 ◎伸展機構の治療層
 ◎Edemaへの対応
圧痛
 ◎圧痛の特徴
 ◎側方型
  ・特徴
  ・虫様筋の機能不全
  ・虫様筋の触診とリラクゼーション
  ・治療方法
 ◎背側型
  ・特徴
  ・骨間筋の機能不全
  ・骨間筋の触診とリラクゼーション
  ・治療方法
<関節の拘縮>
拘縮への対応


2017.12