ホーム > スポーツ > 野球 > 軟式野球 > 「体で覚える」小中学生のための野球上達術 > 「体で覚える」小中学生のための野球上達術【全1巻】

「体で覚える」小中学生のための野球上達術【第1巻】

「体で覚える」小中学生のための野球上達術
【全1巻】

商品番号 1006-S

定価3,000円のところ
販売価格2,700円(消費税込:2,916円)

[最大135ポイント進呈 ]

数量
※商品の汚損・破損・故障等がなく、お客様のご都合での返品はお受けしておりませんので、ご注文の際には十分ご確認いただきますようお願い申し上げます。
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く

■指導・解説:小林 敬一良(小林 敬一良ベースボールアカデミー代表)
■実技協力:小林 敬一良ベースボールアカデミー





「前で離せ」「肘を上げろ」「フォローを大きく」など、指導の現場では「言葉で伝える」ことが多くあります。しかしながら、「思い通りに伝わらない」「理想の動きにならない」ということも多いのではないでしょうか?また、言われたことを意識しすぎると、フォームを崩し、怪我へとつながる危険性もあります。

長年高校野球の指導に携わり、現在は小中学生に指導を行っている小林氏は、「無意識なうちに理想的なフォームに近づける」ことが大切だと語ります。

 このDVDでは、小林氏が自身の野球教室で実際に行っている、特に小学生から取り組むべき、体の動かし方やコーディネーショントレーニングを紹介してもらいました。

まずは、前転や側転、ハイハイ、ドリブルと言った、簡単な動きの中から、野球に必要な柔軟性やバランス感覚を身に付け、「力みのない」「怪我をしにくい」フォームを習得するための体づくりを行います。
後半部分では、守備と打撃の基本技術に繋げるメニューも収録。実際にボールを使いながら、キャッチング、スローイング、バッティングに必要な体の動きを学んでいきます。

 楽しみながら、無意識のうちに動きが身に付き、野球の技術向上へとつながるメニューの数々は、特に小中学生を指導する方にご覧いただきたい内容です。




■イントロダクション

■力まないでその日の調子がわかる運動
 ・スキップ
 ・リンケージラン
 ・バック走
 ・バット走
 ・前転/後転/開脚前転/開脚後転
 ・側転/片手側転
 ・三点倒立
 ・ブリッジ
 ・肩甲骨周りを柔軟にするエクササイズ

■コーディネーショントレーニング
 ・ボール避け
 ・ジャンピングスロー
 ・バランスボードを使う/ジャグリング
 ・塩ビ管乗り
 ・ハイハイ
 ・眼球運動ボード
 ・ボールの両手ドリブル

■守備につながる練習
 ・ドッジボール投げ
 ・ハードルをジャンプして投げる
 ・投げて走る
 ・トス投球
 ・閉眼送球
 ・板でのゴロ捕球
 ・ショートスロー
 ・ジャンピングスロー
 ・トランポリンスロー

■打撃につながる練習
 ・スタンドティー
 ・ソフトボールのテニス打ち
 ・ハードルジャンプバッティング
 ・バックジャンプ打ち
 ・後ろ足を前へ流す
 ・トランポリンバッティング





77分
2018.1