ホーム > 教育 > 英語 > 最新作&人気シリーズ > ライブ ! 英語教育 ・ 達人セミナー in 名古屋 〜 アクティブ・ラーニングにつながる授業実践例 〜 > 【第2巻】 ICEモデルとジグソー法でアクティブ化〜 普通高校コミュニケーション英語の授業 〜

【第2巻】ICEモデルとジグソー法でアクティブ化〜 普通高校コミュニケーション英語の授業 〜

【第2巻】 ICEモデルとジグソー法でアクティブ化
〜 普通高校コミュニケーション英語の授業 〜

商品番号 E122-2

販売価格5,000円(消費税込:5,400円)

[最大250ポイント進呈 ]

数量
※商品の汚損・破損・故障等がなく、お客様のご都合での返品はお受けしておりませんので、ご注文の際には十分ご確認いただきますようお願い申し上げます。
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く

第2巻では、大阪府立鳳高等学校でのアクティブ・ラーニング」による
協働学習と4技能の伸長を目指した「フェニックスプロジェクト」の取り組み
と、
ICEモデルとジグソー法を用いた授業実践例
について取り上げています。

授業の様子

■授業者:溝畑 保之(大阪府立学校指導教諭・大阪府立鳳高等学校)
■使用教材: Lesson 7 Eco-tour in Yakushima  Landmark English Communication I Keirinkan


収録内容

アクティブ・ラーニングを推進する「フェニックスプロジェクト」

ジグソー法を用いた授業の流れ
◎Things you do(活動内容の確認)
◎リスニングで屋久島の基本情報を表にメモする 
◎Expert group activity 
・Keyword(必要な情報を表に記入)/Presentation(エキスパートグループ内で発表練習)
◎Jigsaw group activity
・Information Sharing(それぞれの場所の情報を写真とメモを見て伝え合う)
・Discussion ホワイトボードを使って(一番のお勧めスポットを決定する/場所の説明+理由を語れるようにする)
・Presentation(ジグソーグループ内で発表練習)
◎Expert group activity
・Presentation(エキスパートグループで発表)

■おわりに


2017.1