ホーム > 理学療法/リハビリテーション > 領域で探す > 海外セラピスト > Anatomy Trains:アナトミー・トレインMyofascial Meridians with Tom Myers > Superficial Front Lineスーパーフィシャル・フロントライン

Superficial Front Line<br>スーパーフィシャル・フロントライン

Superficial Front Line
スーパーフィシャル・フロントライン

商品番号 ME75-2

販売価格8,000円(消費税込:8,800円)

[最大400ポイント進呈 ]

数量
※商品の汚損・破損・故障等がなく、お客様のご都合での返品はお受けしておりませんので、ご注文の際には十分ご確認いただきますようお願い申し上げます。
DVDビデオ対応のプレーヤーでの再生を推奨しております。ゲーム機、車載DVDプレーヤー(カーナビ)等での動作は保証しておりません。
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く



身体の前面を走るスーパーフィシャル・フロントラインは、足指先端から、足首の支帯の下部、足の前部を上に行き、膝蓋骨を通って、大腿前部から骨盤、そして腹直筋に行き、胸骨に沿って胸鎖乳突筋まで伸びるラインです。

四足動物は、柔らかくて敏感な部分を保護します。
咽喉は顎に、胸部は前脚や後脚に、腹部は背中に、性器や鼠径部は足に守られています。しかし、ヒトの場合は、柔らかくて敏感な部分、つまり顔、胸部、下腹部、鼠径部、性器は、すべて前部のラインに並んでいます。

そのためヒトは、身体的虐待や心的外傷を受けた時、あるいは気持ちにゆとりがなくなったとき、背中を丸め、このフロントラインを縮めて、無意識なうちに身体を守ろうとします。こうした反応を「驚愕反応」と呼びますが、これは、「上部のスーパーフィシャル・フロントラインが縮むこと」と、定義しても問題ないでしょう。
頭痛あるいは頸部や背中の痛みを訴える患者さんも多くいますが、治療が必要な場所は頭や背中ではなく、身体のフロントラインを上方にあげて、頭部のバランスを取り戻すことです。スーパーフィシャル・フロントラインを縮めることで、こうした部分を守ることができるのです。

本商品は海外から輸入した作品を日本語に翻訳したものです。一部映像の乱れがございますが、輸入したマスターから反映されているものになります。発売当時の画質であることを予めご了承ください。





●このテクニックシリーズの概要
●スーパーフィシャル・フロントラインへの導入
●足の先端
●足首の支帯
●下腿
●大腿
●体幹:腹部
●体幹:胸部
●頚部
●セッション最終段階首
●骨盤リフト最終段階
●まとめ


(62分)
2008.5

※指導・解説・協力者等の所属は発売時点のものです。