ホーム > スポーツ > 野球 > 硬式野球 > 痛みゼロ!ケガをさせない投球フォームと身体づくり > 【3】 ケガをしない身体をつくる「ウォーミングアップ&クールダウン」

【3】 ケガをしない身体をつくる「ウォーミングアップ&クールダウン」

【3】 ケガをしない身体をつくる「ウォーミングアップ&クールダウン」

商品番号 836-3

販売価格7,000円(消費税込:7,560円)

[最大350ポイント進呈 ]

数量
※商品の汚損・破損・故障等がなく、お客様のご都合での返品はお受けしておりませんので、ご注文の際には十分ご確認いただきますようお願い申し上げます。
※本商品はDVDプレーヤー再生専用となっております。それ以外の再生機器でご使用された場合の不具合・故障については保証致しかねますので、ご了承ください。
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く



現場で行いやすいよう、短時間でもきっちりと成果が出るウォーミングアップとクールダウンなど、コンディショニングの方法を紹介します。投球フォームが個々で違うように、選手によって肩や肘がゆるい・固いがあります。それぞれに合った方法で、ケガの起こりにくい身体を手に入れます。



4.障害予防に必要なこと
■イントロダクション(全巻共通)

■はじめに

■ウォーミングアップ
◎5分で出来るメニュー(上半身)
 ・肩甲骨の前方引き出し・後方引き込み
 ・肩の内捻り・外捻り
 ・肩・肘回し
◎5分で出来るメニュー(下半身)
 ・上体の横倒し
 ・上体の前倒し・上体起こし
 ・上体と腰の捻り
◎肩の柔軟性評価
◎肩の固い選手のメニュー
 ・肩のストレッチング(1)〜(4)
 ・肩のマッサージ
 ・腋窩のストレッチング
 ・肩の外捻りストレッチング
◎肩がゆるい選手の評価
◎肩がゆるい選手のメニュー
 ・肩甲骨周囲のトレーニング
 ・インナーマッスルのトレーニング

■クーリングダウン
◎5分で出来るメニュー(上半身)
 ・肩甲骨の前方引き出し→胸部ストレッチング
 ・肩の外捻り→肩後方ストレッチング
 ・肘の引き下げ→脇腹のストレッチング
◎5分で出来るメニュー(下半身)
 ・股の外開き→殿部のストレッチング
 ・股の内絞り→内もものストレッチング
 ・上体起こし・前倒し→脚の付け根・もも裏のストレッチング
◎肘が固い選手のメニュー

■野球選手のコンディショニング
◎どんな時に、何をしたらいいか
◎肩の柔軟性評価とストレッチング
◎肘の柔軟性評価とストレッチング
◎股関節の柔軟性評価とストレッチング
 ・太もも前面
 ・股関節内捻り
 ・太もも後面
◎足首の柔軟性評価とストレッチング

■休養日と投球数の管理


(40分)
2014.12