ホーム > 教育 > 英語 > 内田浩樹教授シリーズ > 教えるのが楽しみになる文法シリーズ6違いを楽しむ助詞と前置詞 > 教えるのが楽しみになる文法シリーズ6違いを楽しむ助詞と前置詞【全1巻】

教えるのが楽しみになる文法シリーズ6違いを楽しむ助詞と前置詞【全1巻】

教えるのが楽しみになる文法シリーズ6
違いを楽しむ助詞と前置詞
【全1巻】

商品番号 E146-S

販売価格8,000円(消費税込:8,640円)

[最大400ポイント進呈 ]

数量
消費税率改定に伴う9月30日ご注文についての重要なお知らせがあります。詳しくはこちらのページをご確認ください
※商品の汚損・破損・故障等がなく、お客様のご都合での返品はお受けしておりませんので、ご注文の際には十分ご確認いただきますようお願い申し上げます。
DVDビデオ対応のプレーヤーでの再生を推奨しております。ゲーム機、車載DVDプレーヤー(カーナビ)等での動作は保証しておりません。
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く


■授業・解説:内田 浩樹(国際教養大学大学院 英語教育実践領域 教授)
■協力:英語教育・達人セミナー
■授業クラス:東京女子学園中学校・高等学校(高等学校1年生)

★前置詞の理解は日本語の助詞との類似性と意味領域の差に気がつくこと
★日本語の助詞との違いを楽しみながら前置詞のイメージを捉える授業

前置詞の指導のコツは 「どうやってイメージを広げさせるか」 に尽きます。
 イメージを図やビジュアル、言葉などで表現する方法がありますが、今回は漢字1文字で表わしています。漢字にこだわる必要はありませんが、何か方針を決めて新しい前置詞に触れるたびにイメージを示す習慣が大事になってきます。そして、繰り返しリマインドすることで前置詞が定着しますので、ぜひ内田先生のアイディアを前置詞指導にご活用ください!
 なぜ前置詞が難しいと感じるのか、体験的に示しながら、どういった点に気をつけて、
どこを意識しながら勉強するのかを提示した授業を展開しています。



■収録内容/
 ◇はじめに
 ◇前置詞のイメージを捉える!
  *知っている前置詞は?/注目点/Discussion
  *ここが難しい@ 覚えたイメージと違う/意味領域のずれを楽しもう
  *ここが難しいA 意味が多い
  *ここが難しいB 実は前置詞ではない/名詞・形容詞になる例/副詞になる例
  *ここが難しいC 句動詞(群動詞):動詞+(a)+前置詞=他動詞/動詞+副詞=他動詞
  *前置詞のイメージ/A Learning Tip ほか
 ◇おわりに


購入特典 『授業で使えるパワーポイント(スライド36枚)』 のダウンロードはこちら

※DVDジャケット裏面右下に記載のパスワードを入力することで、ダウンロードすることができます。

2019.5