ホーム > 理学療法/リハビリテーション > 部位で探す > 頸椎 > リハセラピストのための運動機能評価としての画像の読影 > リハセラピストのための運動機能評価としての画像の読影【全4巻】

リハセラピストのための運動機能評価としての画像の読影【全4巻】

リハセラピストのための運動機能評価としての画像の読影【全4巻】

セット特価SALE!!

商品番号 ME293-S

販売価格30,000円(消費税込:33,000円)

[最大1,500ポイント進呈 ]

数量
※商品の汚損・破損・故障等がなく、お客様のご都合での返品はお受けしておりませんので、ご注文の際には十分ご確認いただきますようお願い申し上げます。
DVDビデオ対応のプレーヤーでの再生を推奨しております。ゲーム機、車載DVDプレーヤー(カーナビ)等での動作は保証しておりません。
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く

損傷ではなく、“運動機能の喪失”と解釈する!

このDVDでは、リハビリテーションに活かすための画像の読影方法について、実際の画像を提示しながら解説をします。
整形外科医が診断した内容に対し、改めて療法士が画像の読影をする必要はあるのかという質問をよく耳にします。
もちろん、医師と同じような評価をするのでは、療法士が画像の読影をする必要はありません。
療法士には器質的な診断ではなく、あくまでも運動機能評価として画像の読影をすることが求められます。

運動機能評価としての読影とは、骨や筋などの損傷ではなく、それらの部位が持つ運動機能が低下していると解釈するということです。
しかし、これまで画像の読影を学べる場が少なく、画像の読影を苦手とする療法士も少なくありません。
画像の読影に必要とされる、“医療画像”“画像解剖(断層)”の理解を深め、画像から正しい情報を読み取る力を身に付けていきましょう。


各巻の詳細はこちら





2021.05