ホーム > スポーツ > 陸上競技 > トラック競技 > 小田伸午『走りの進化論』 > 【2】 「感覚を動きに変えるドリル練習」〜現場の先生によるドリル解説〜

【2】 「感覚を動きに変えるドリル練習」〜現場の先生によるドリル解説〜【2】 「感覚を動きに変えるドリル練習」〜現場の先生によるドリル解説〜

【2】 「感覚を動きに変えるドリル練習」〜現場の先生によるドリル解説〜

商品番号 745-2

販売価格8,000円(消費税込:8,800円)

[最大400ポイント進呈 ]

数量
※商品の汚損・破損・故障等がなく、お客様のご都合での返品はお受けしておりませんので、ご注文の際には十分ご確認いただきますようお願い申し上げます。
DVDビデオ対応のプレーヤーでの再生を推奨しております。ゲーム機、車載DVDプレーヤー(カーナビ)等での動作は保証しておりません。
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く


小田先生の考えを基に、現場で陸上競技を指導する先生たちがドリルを解説します。1巻目で触れた「膝の抜き」や「地面反力をもらう」などの理論が、様々な角度からドリル化されていきます。



<収録内容>

■イントロダクション ※各巻共通

■基礎身体つくり
 ・使える股関節をめざす開脚ストレッチ
 ・胸鎖関節から動かす肩甲帯ストレッチ
 ・「肋間つぶし」で躍動する体幹を
 ・大腰筋の反射を引き出す「股関節の抜き」
 ・膝と股関節の「抜き」は四股が決め手
 ・体幹アーチをつくる「胸だし腹筋」
 ・股関節外旋はハードルまたぎでつかむ

■基礎動きつくり1
 ・動きつくりの基になる考え方
 ・椅子を使ってよい姿勢を探る
 ・自然体の立ち姿勢と肩関節外旋
 ・力感無く歩き出す/走り出す
 ・胸鎖関節からの腕のスイング
 ・肩甲帯の上下動を活かすヒゲダンス

■基礎動きつくり2
 ・遊脚に重心を移すアヒル歩き
 ・赤ちゃんの這いハイを走につなげる
 ・左右の軸感覚を活かすバックウォーク

■動きつくりドリル1
 ・股関節パワーをひきだすタイヤ押し
 ・左右軸感覚を鍛えるメディシンボールバウンディング
 ・「抜き」のジャンプをつかむ
 ・逆回転感覚のホッピング
 ・全身を前に進める壁押しでの感覚つくり
 ・坂道ドリル
 ・(1)前傾誘導効果を活かす坂登りおんぶ走
 ・(2)膝の抜き感覚を引き出す坂下りおんぶ走
 ・(3)坂登りバウンディングとホッピング

■動きつくりドリル2
 ・重力で飛び出すスタートダッシュ
 ・股関節の「抜き」と外旋を活かす飛脚の「片踏み」
 ・自然に片踏みになるポール走


(87分)




各巻の詳細・サンプルムービーはコチラ


第1巻 「感覚で養う身体操作」〜小田先生によるクリニック〜 (90分)

【2巻セット】 小田伸午『走りの進化論』〜なぜ、力感があると速く走れないのか〜

2012.06