ホーム > スポーツ > 野球 > 硬式野球 > 痛みゼロ!ケガをさせない投球フォームと身体づくり > 【2】 フォームから見る「障害の芽」と「解決法」

【2】 フォームから見る「障害の芽」と「解決法」

【2】 フォームから見る「障害の芽」と「解決法」

商品番号 836-2

販売価格7,000円(消費税込:7,560円)

[最大350ポイント進呈 ]

数量
※商品の汚損・破損・故障等がなく、お客様のご都合での返品はお受けしておりませんので、ご注文の際には十分ご確認いただきますようお願い申し上げます。
※本商品はDVDプレーヤー再生専用となっております。それ以外の再生機器でご使用された場合の不具合・故障については保証致しかねますので、ご了承ください。
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く



肘が下がっている、バランスを崩しているなど、目に見える事象を解決してケガの予防を図ります。投球フェーズごとに丁寧にアプローチをすることで、フォームが安定し、フォームが安定することでピッチングそのものが改善されます。ケガをしにくい=理想のフォームだとも言えます。



3.投球フォームのチェックとトレーニング
■イントロダクション(全巻共通)

■ワインドアップ期
◎軸足でまっすぐ立てない

■アーリーコッキング期
◎肘下がり
◎クロスステップで投げている

■レイトコッキング期
◎投球時に、肩の前方・後方が痛くなる
◎肘を上から出し過ぎている
◎胸のハリがつくれない

■アクセレレーション期
◎肘が前へ突っ込む
◎上肢の振りに依存して投げる
◎ステップ脚の下肢がぐらついている

■フォロースルー期
◎投球後、肩の後方が痛くなる
◎ステップ脚への体重が上手く乗らない
◎体幹を前倒しして投げている

■ノースロー期間でもできるチェック&トレーニング

■立ち投げドリル

■スローイングドリル


(45分)
2014.12