ホーム > 教育 > 音楽 > 合唱 > 思わず歌いたくなる!男声のための合唱練習法 > 【2】ハーモニー練習/曲を使った声・響きづくり

思わず歌いたくなる!男声のための合唱練習法

【2】ハーモニー練習/曲を使った声・響きづくり

商品番号 M43-2

販売価格8,000円(消費税込:8,800円)

[最大400ポイント進呈 ]

数量
※商品の汚損・破損・故障等がなく、お客様のご都合での返品はお受けしておりませんので、ご注文の際には十分ご確認いただきますようお願い申し上げます。
DVDビデオ対応のプレーヤーでの再生を推奨しております。ゲーム機、車載DVDプレーヤー(カーナビ)等での動作は保証しておりません。
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く



単調になりがちな日常練習も、対戦形式でレベルを競わせたり、遊び心と対抗心を刺激するハーモニー練習で楽しくレベルアップしましょう!
楽曲の指導では、まずは歌う楽しさを体感させてから、徐々にハーモニー感覚を身に付けることで、混声合唱に活きる男声を作り上げていきます。



■遊び感覚で行うハーモニー練習
*3声部のハーモニー
*4声部のハーモニー(通常練習から対戦型練習へ)
*ハーモニー練習のポイント

■曲を使った声・響きづくり
*歌う楽しみを体感!…『いざたて戦人よ』(1年生だけで身体を使って歌おう/先輩と一緒に歌おう)
*ハーモニー作りに挑戦!…『柳河風俗詩』(裏声を使って表現/全員でハーモニー作り)
*新入生歓迎の定番!!…『女々しくて(作詞・作曲/鬼龍院翔)』(全員でパフォーマンス)

■蛭田先生に聞く!男声指導のQ&A(2)
*男女の音楽的なレベルの差をどう埋めるか/男子が入りたくなる合唱部作りの秘訣/
 男子部員を乗せる部活動運営の方法/男子部員とうまく向き合う方法/男声指導でお悩みの先生方へ

■男子生徒3人に直撃インタビュー
*入部のきっかけ/男声合唱ならではのやりがい/入部した頃と今の自分の声の変化/
 後輩を指導する際に気をつけていること/新入生の勧誘方法/先輩と後輩の理想的な関係/
 混声で頑張っている男子生徒に一言/観客を盛り上げるための工夫/歌を通して伝えたいこと など


2014.12
(82分)