ホーム > 教育 > 英語 > 達人のワザ&達人セミナーシリーズ > ライブ!英語教育・達人セミナー in 東京2017 > 【第1巻】パーラメンタリーディベートのすすめ

【第1巻】パーラメンタリーディベートのすすめ【第1巻】パーラメンタリーディベートのすすめ

【第1巻】パーラメンタリーディベートのすすめ

商品番号 E131-1

販売価格5,000円(消費税込:5,500円)

[最大250ポイント進呈 ]

数量
※商品の汚損・破損・故障等がなく、お客様のご都合での返品はお受けしておりませんので、ご注文の際には十分ご確認いただきますようお願い申し上げます。
DVDビデオ対応のプレーヤーでの再生を推奨しております。ゲーム機、車載DVDプレーヤー(カーナビ)等での動作は保証しておりません。
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く

◇講座概要:即興型英語ディベート(パーラメンタリー)とは、英国議会をモデルにしており、一つの論題に対し、肯定と否定チームに分かれ、各々のチームが第三者を説得させるパブリックスピーチ型のディベートで、説得力、共感力、プレゼンテーション力を身に付けることができます。ここでは、須田先生が授業でのパーラメンタリーディベートの導入について、河野先生が即興型英語ディベート(パーラメンタリー)の特徴と実践方法について紹介しています。

授業の様子

◇授業者:須田 智之(筑波大学附属駒場中・高等学校)
       河野 周(元浅野中学・高等学校)

収録内容

■授業でのパーラメンタリーディベートの導入
 ◇須田 智之(筑波大学附属駒場中・高等学校)

◎はじめに

◎私の2011年までの英語ディベート(指導)歴

◎学校の授業(50分)で導入するには?

◎実際の授業の様子

◎英語ディベートを通して伸びたと思う力

◎まとめ・・・成果と課題、今後の展望


■即興型英語ディベートの特徴と実践方法
 ◇河野 周(元浅野中学・高等学校教諭)

◎自己紹介

◎即興型英語ディベート(パーラメンタリー)の特徴

 特徴1. コンセプト:英国議会・一般大衆
 特徴2. 様々な論題:社会問題から恋愛問題まで
 特徴3. 準備時間:15分(20分)
 特徴4. スピーチ:3分(7分)
 特徴5. 質疑応答:Point of Information
 特徴まとめ:英語4技能+α 世界大会

◎授業用即興型英語ディベート(PDA)の紹介

◎実践に向けて

 @準備
 A各スピーカーの役割
 B補足:Point of Information(POI)とメモの取り方

◎授業用即興型英語ディベートの実践(ワークショップ形式で)

◎終わりに(今後に向けて)


(64分)
2017.10