ホーム > 教育 > 英語 > 達人のワザ&達人セミナーシリーズ > ライブ!英語教育・達人セミナー in 未来の先生展2017 > 【第1巻】授業をActiveにする技/ICT活用法

【第1巻】授業をActiveにする技/ICT活用法【第1巻】授業をActiveにする技/ICT活用法

【第1巻】授業をActiveにする技/ICT活用法

商品番号 E135-1

販売価格8,000円(消費税込:8,640円)

[最大400ポイント進呈 ]

数量
消費税率改定に伴う9月30日ご注文についての重要なお知らせがあります。詳しくはこちらのページをご確認ください
※商品の汚損・破損・故障等がなく、お客様のご都合での返品はお受けしておりませんので、ご注文の際には十分ご確認いただきますようお願い申し上げます。
DVDビデオ対応のプレーヤーでの再生を推奨しております。ゲーム機、車載DVDプレーヤー(カーナビ)等での動作は保証しておりません。
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く

1巻目では、高校での実践例として、生徒たちが楽しみながら 英語を使い、内容を中心に考えられることを目標とした 取り組みである「Shiftを取り入れた、生徒に力がつく授業づくり」。
そして、英語の4技能習得にとって効果的なICTの活用については、 「文字」「画像」「音声」「映像」をうまく組み合わせて 生徒のやる気を促進するための工夫を紹介しています。

◇収録内容@/
<Shiftを取り入れた、生徒に力がつく授業づくり〜授業をActiveにする技〜>

◇講師:有嶋 宏一(鹿児島県立甲南高等学校)
◇講座概要:生徒たちが楽しみながら英語を使っていろいろできること、そして英語から離れて将来的にどのような生徒になるかを考慮して、内容を中心に考えさせるという指導の方法について紹介しています。

■はじめに(勤務校の紹介)

■授業における言語活動の指導について
 ◎Warmer(なぞなぞ)
 ◎What we should do/What we should NOT do

■授業での実践例
 ◎Warmer [iTalk]
 ◎Quick writing
 ◎3Q/Reading aloud/Retelling(QP?)
 ◎Dictogloss

■まとめ


収録内容A/
<「掴んで、離さず、その気にさせる」ICT活用
      〜ICTの4技能(文字、画像、音声、映像)の効果的活用〜>

◇講師:唐澤 博(浦和実業学園中学校・高等学校)
◇講座概要:英語の4技能習得には効果的なICTの活用が必要となります。ICTの4技能は、「文字」「画像」「音声」「映像」。それぞれをうまく組み合わせて生徒のやる気ややりがいを促進する授業スタイルを目指すための工夫を紹介しています。

■Warming up:Jigsaw による自己紹介
 教師に関する4つの異なった情報を使って、ジグソー法による自己紹介を行う

■Anagram competition 綴り換えゲーム (ワークシート無し)
 提示されたアルファベットの文字を使って出来るだけ多くの単語をつくる活動

■a Rainbow in the sky  How many colors does a rainbow have?
 Write all of them in order ( from outside). ⇒ Roy G. Biv

■英語力向上のヒント
 ・5回口に出して言う。
 ・習ったことを誰かに教える。
 ・頑張りすぎない。


(76分)
2018.1