ホーム > 教育 > 英語 > 英語教育 > 外国語の学習と指導における第二言語習得研究の果たす役割 > 【第2巻】How to apply SLA findings into a real classroom?〜第二言語習得研究(SLA)は、語学教師に何を提供できるか?〜

【第2巻】How to apply SLA findings into a real classroom?〜第二言語習得研究(SLA)は、語学教師に何を提供できるか?〜(79分)

【第2巻】
How to apply SLA findings into a real classroom?
〜第二言語習得研究(SLA)は、語学教師に何を提供できるか?〜

商品番号 E141-2

販売価格7,000円(消費税込:7,700円)

[最大350ポイント進呈 ]

数量
※商品の汚損・破損・故障等がなく、お客様のご都合での返品はお受けしておりませんので、ご注文の際には十分ご確認いただきますようお願い申し上げます。
DVDビデオ対応のプレーヤーでの再生を推奨しております。ゲーム機、車載DVDプレーヤー(カーナビ)等での動作は保証しておりません。
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く

※講演はすべて英語のため、本DVDもすべて音声はそのままで字幕表示はありません。

◇講演者/Dr. Lourdes Ortega(Georgetown University)
 ローデス・オルテガ博士:ジョージタウン大学教授、専門は第二言語習得。氏は、著書多数、国際学会の基調講演も多く、2000年に出版された第二言語指導のメタ分析の論文(2010年Paul Pimsleur受賞)、2009年に出版された第二言語習得研究のテキスト『Understanding Second Language Acquisition』(2016年中国語に翻訳)、第二言語習得におけるバイリンガル・ターンの支持者として世界的に著名な研究者である。

 第二言語習得研究(SLA)を学ぶことによって、教え方のアプローチに関する考え方が変わったと感じている教師はいる。しかし、SLAは実際の教室における指導についてあまり関係がないと感じている教師も多い。
 本講演では、研究と実践の関係を見る新しい方法や、研究と実践は不完全で必ずしも調和しないものの、言語教師の専門性の向上に役立つという見方を示したい。

■<イントロダクション:Ortega教授の紹介>

■<講 演>
1. My goal today…
2. SLA research at its best sharpens what teachers already know and do best…
3. But sometimes, research must be critically put aside by teachers…
4. Realistic expectations about research…
5. Sometimes, research is the only way to see differently…
6. In conclusion

■<Q&A>

■<講演内容について 〜Ortega教授へのインタビュー〜>
インタビューでは、現在の研究プロジェクトからエラーコレクションの議論と授業での教師の実践との間における研究ギャップ、更には第二言語習得のための早期教育の効果についてなど視聴者へのメッセージを含めアドバイスいただいている。



E141-2 購入特典 【PDF形式資料 10頁(講演の英文原稿)】 のダウンロードはこちら
2019.4