ホーム > 教育 > 英語 > 英語教育 > ジョリーフォニックスで初めてのシンセティック・フォニックス授業 > ジョリーフォニックスで初めてのシンセティック・フォニックス授業〜トレーニングセミナー編〜【全4巻】

ジョリーフォニックスで初めてのシンセティック・フォニックス授業トレーニングセミナー編【全4巻】

ジョリーフォニックスで初めてのシンセティック・フォニックス授業
〜トレーニングセミナー編〜
【全4巻】

セット商品

商品番号 E145-S

販売価格24,000円(消費税込:25,920円)

[最大1,200ポイント進呈 ]

数量
消費税率改定に伴う9月30日ご注文についての重要なお知らせがあります。詳しくはこちらのページをご確認ください
※商品の汚損・破損・故障等がなく、お客様のご都合での返品はお受けしておりませんので、ご注文の際には十分ご確認いただきますようお願い申し上げます。
DVDビデオ対応のプレーヤーでの再生を推奨しております。ゲーム機、車載DVDプレーヤー(カーナビ)等での動作は保証しておりません。
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く

この商品の平均評価:おすすめ度(5.0) 5.00


■監修・解説:山下桂世子(ジョリーフォニックス&ジョリーグラマートレーナー)
■使用教材:ジョリーラーニング社(Jolly Learning)


多感覚を活かした指導方法で、どんな児童・生徒にも合った授業を!

ジョリーフォニックスとは、体系的にシンセティック・フォニックスを身につけるための教材群で、子ども自身の得意な感覚を使って学習できるよう多感覚を活かした指導方法です。


 日本人が読み書きでつまずく原因となる「英語の音」(音素)を丁寧に指導するところから始まり、徐々に「英語のアルファベットコード」を身につけるためのプログラムです。イギリスの学校の68%(2005年時調査)で使用され、高い学習効果が実証されており、その信頼性・有効性から、世界120か国以上の小学校へ急速に導入が進んでいる21世紀の新しい指導法です。 

英語の読み書きの基礎となる、文字(綴り)と音の関係を3つの領域に分けて指導していきます。

@42の文字(綴り)の音
A同音異綴り
Bひっかけ単語

そして最大の特長は、お話や絵本、歌、アクション(動作)などを使って「文字の音」と「文字」を学習することです。英語の読み書きは子どもたちにとって不可欠な能力です。さあ、一緒にジョリーフォニックスをはじめましょう!

※このDVDは2018年10月、2日間に渡って開催された「ジョリーフォニックス総合トレーニング」のセミナーを収録し、コンパクトに編集したものです。DVD用に参加者のグループワークや質疑応答などは省いておりますので、ご了承ください。尚、本DVDでジョリーフォニックスに興味を持たれた方は、実際のセミナーにご参加いただくことで、さらに深く確実に学ぶことができます。詳しくは山下先生のサイトより、セミナー情報をご確認ください。





A-SET【E145-A1/E145-A2分売不可】




B-SET【E145-B1/E145-B2分売不可】


▼特典資料のダウンロードはこちら▼
ハンドアウト(PDF p.10)重要ポイントを凝縮したハンドアウトが自由にダウンロードできます!!

購入を迷われている方も、既に購入された方もトレーニングセミナーをより深く理解することができます。


2019.4

マグニズムさん(1件) 購入者

非公開 投稿日:2019年06月25日

おすすめ度 おすすめ度(5.0)

この手法で授業を行うと、
実際に授業を3時間ほど行った子供の言葉を借りると「脳から汗が出る」状態になります。
短絡的な子供の意欲持続のための動画視聴やゲームではできない、確実に英語を楽しく学べる授業法です。
映像でじっくり研究してみてください。

トキさん(1件) 購入者

非公開 投稿日:2019年05月16日

おすすめ度 おすすめ度(5.0)

 JollyPhonics はイギリスうまれの英語教材です。読み書きが苦手でも様々なアプローチから興味を引き出し、楽しみながら学ぶ事ができます。ウチの子どもも大のお気に入りで、小学生になっても幼い頃に取り組んだワークやテキストをめくっています。
 一度、セミナーに参加しすごく感動しました。その後は家の仕事が忙しく(地方住まいと言うこともあり)中々参加できず残念に思っていたところDVDの発売となり、今また学び直しています。一回の受講では気づかなかった新たな発見も多く、見るたびに目からウロコの情報がたくさんありました。
 今回の購入で一番参考になったところは、特別支援の部分。読み書きで困難を抱えている子ども達へのアプローチの仕方や工夫について具体的に学ぶ事ができ今後に活かせそうです。
 山下先生とJollyPhonicsに出会えて本当によかった!と改めて感じました。