ホーム > 医療 > 発達障害支援・特別支援教育・子ども育成 > ワーキングメモリと学習支援 > ワーキングメモリと学習支援〜ワーキングメモリの基礎理解と読み書きの支援〜【全3巻・分売不可】

ワーキングメモリと学習支援

ワーキングメモリと学習支援
〜ワーキングメモリの基礎理解と読み書きの支援〜
【全3巻・分売不可】

セット商品

商品番号 F42-S

販売価格12,000円(消費税込:13,200円)

[最大600ポイント進呈 ]

数量
※商品の汚損・破損・故障等がなく、お客様のご都合での返品はお受けしておりませんので、ご注文の際には十分ご確認いただきますようお願い申し上げます。
DVDビデオ対応のプレーヤーでの再生を推奨しております。ゲーム機、車載DVDプレーヤー(カーナビ)等での動作は保証しておりません。
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く



 ☆ ワーキングメモリってなに?初めてでもよくわかるワーキングメモリ入門!

 ☆ 学習困難の子どもに対して、ワーキングメモリの観点から支援方略を解説!

 ☆ 読み書きとの関連を発達段階とともに解説!さらに支援の一例も紹介!

■解説:湯澤 正通(広島大学大学院教育学研究科 教授)

学校の授業等では、見たり、聞いたりした情報を一時的に記憶にとどめながら、考える必要があります。このような能力はワーキングメモリと呼ばれ、子どもたちの学ぶ力を支えています。
このワーキングメモリが小さいと、授業について行けず、学習に遅れが生じます。特に、発達障害のある子どもは、しばしば、ワーキングメモリに弱さを抱えています。

このDVDでは、まず、ワーキングメモリの基本的な働きと特徴について、初めて学ぶ方にも分かりやすいよう、「脳の作業場」、「長期記憶への入り口」、「ボトルネック」という3つのイメージを用いて解説します。次に、ワーキングメモリのアセスメントについて、広島大学の研究チームが開発した「HUCRoW」を例に解説します。
そして、ワーキングメモリを学習支援に生かすために、支援方略の基本的原理から、読み書きとの関連、読み書き支援の実際までを解説します。

是非このDVDを、ワーキングメモリの理解と支援の一助にお役立ていただければ幸いです。


★★★購入特典★★★
・講義スライド資料(PDF 22ページ)

※講義で使用したスライドのうち、一部スライドはこの資料に含まれておりません。予めご了承ください。DVD映像にてご覧ください。
・授業チェックリスト(PDF 1ページ)

購入特典は弊社通販サイト内の「特典ダウンロードセンター」よりダウンロードできます。
☆商品記載のパスワードを入力後、手順に沿ってダウンロードしてください。
※ダウンロードセンター「医療・その他」をチェック



 F42-1 ワーキングメモリの基礎知識(64分)
ワーキングメモリとは
◎脳の作業場
◎長期記憶への入り口
◎ボトルネック
◎実行機能
◎学びの階層モデル
ワーキングメモリの発達と大人の役割
ワーキングメモリのモデルとアセスメント
◎ワーキングメモリのモデル
◎ワーキングメモリのアセスメント(HUCRoW)
◎ワーキングメモリの発達と個人差
◎ワーキングメモリと行動特徴

 F42-2 ワーキングメモリを学習支援に生かす(92分)
ワーキングメモリ理論に基づいた支援方略
◎授業チェックリスト
◎情報の整理
◎情報の最適化
◎記憶のサポート
◎注意のコントロール
◎まとめ
事例検討
読み書き障害とワーキングメモリ
◎読み書きの発達とワーキングメモリ
◎言葉の獲得と音韻認識
◎音声の符号化と文字の復号化
◎文字の復号化の自動化
◎文の意味の理解
◎読みの熟達化
◎読解
 F42-3 読み書き支援の方法と実際(47分)
支援の前提
ひらがなの読みの支援
漢字の読みの支援
特殊音の支援
文の読みの支援
漢字の書きの支援
まとめ

本編ピックアップ動画


2019.08