ホーム > スポーツ > 剣道 > 将来への土台を作る剣道指導 > 将来への土台を作る剣道指導〜選手を飽きさせないための工夫〜【全2巻】

将来への土台を作る剣道指導〜選手を飽きさせないための工夫〜【全2巻】

将来への土台を作る剣道指導
〜選手を飽きさせないための工夫〜
【全2巻】

セット商品

商品番号 1088-S

販売価格16,000円(消費税込:17,600円)

[最大800ポイント進呈 ]

【販売期間:12月2日12時0分〜】

数量
※商品の汚損・破損・故障等がなく、お客様のご都合での返品はお受けしておりませんので、ご注文の際には十分ご確認いただきますようお願い申し上げます。
DVDビデオ対応のプレーヤーでの再生を推奨しております。ゲーム機、車載DVDプレーヤー(カーナビ)等での動作は保証しておりません。
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く



■指導・解説: 山岸正英(港南台剣道クラブ 代表)
■実技協力:港南台剣道クラブ



剣道の基礎を楽しく身に付けるためのメニュー

今回は、剣道初心者〜中級者をテーマに、剣道技術の土台となる基礎・基本を身に付けるための指導法を紹介します。 長年、中学校部活動の外部指導員を務め、現在は港南台剣道クラブで指導を行う山岸氏が、大切にしているのが「選手を飽きさせないこと」と「分かりやすく伝えること」です。

初心者、中級者の指導は、基礎・基本の習得を目的として、代わり映えのしない単調な練習が多くなりがちです。 しかし、日々の練習に少しの工夫を加えることで、選手が楽しく取り組める内容へと変化させることが出来ます。

▲▲▲
楽しみながら取り組むために、動物の動きを取り入れたトレーニング。この練習で気持ち高め、身体をつくり、竹刀を使った練習に入っていく。
→第1巻サンプルムービー


1つ1つの積み上げが、正しい技術の習得に繋がる

ここで紹介するメニューは小学生でも取り組める内容ばかりで、選手が理解しやすいように要点が整理されています。 指導者として重要なことは「いかに分かりやすく伝えるか」。 そのポイントが詰まった本作をご覧いただき、ぜひ日々の指導にご活用ください。

▲▲▲
切り返し稽古では太鼓の音に合わせ、一回一回打突する。流れで打つのでなはく、1つ1つ基本を確認することで正しい技を習得する。
→第2巻サンプルムービー

各巻の詳細はコチラ




2019.12