ホーム > スポーツ > ハンドボール > 石立真悠子「1対1スキル」コーチング > 石立真悠子 「1対1スキル」コーチング【全2巻】

石立真悠子 「1対1スキル」コーチング

石立真悠子 「1対1スキル」コーチング
【全2巻】

商品番号 1113-S

販売価格16,000円(消費税込:17,600円)

[最大800ポイント進呈 ]

数量
※商品の汚損・破損・故障等がなく、お客様のご都合での返品はお受けしておりませんので、ご注文の際には十分ご確認いただきますようお願い申し上げます。
DVDビデオ対応のプレーヤーでの再生を推奨しております。ゲーム機、車載DVDプレーヤー(カーナビ)等での動作は保証しておりません。
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く



■指導・解説:石立 真悠子(三重バイオレットアイリス)
■実技:愛知県立旭丘高等学校女子ハンドボール部

【石立 真悠子(いしたて まゆこ)プロフィール】
福井市明倫中学校→小松市立高校→筑波大学→オムロン→フェヘールバール(ハンガリー)→福井県体育協会(JJGang)→三重バイオレットアイリス
日本を代表するセンタープレーヤーとして活躍しながら、豊富な経験を活かし、ハンドボールの普及と発展に尽力している。



「日本の財産」とも言える 1対1のスキルを紹介

2019年12月に熊本で開かれた女子世界選手権でも活躍した、現役の日本代表選手・石立真悠子が個人スキルを惜しみなく紹介します! 

世界の強豪国を相手に、彼女が簡単に数的優位を作り出せるのは「突出した個の強さ=1対1の技術」があるから。 頭の重さを利用しながら切り返し、相手の力をいなすように抜けていくフェイントは、日本の財産と言っていいでしょう。

本作では、1対1を試合で効果的に活かせるレベルまで高めるノウハウを紹介。 フェイントスキルや駆け引きを軸に、動作スキルから1対1を活かす方法まで、これまで見たことのない新しい指導法を発見できるでしょう。

チーム戦術も大事ですが、フェイントで1対1を抜いてしまえば、よりシンプルに得点できるし、次の展開につながります。 攻撃の起爆剤となる1対1のスキルをチームの得点力アップにお役立てください!


納得!「相手をだます」駆け引きのコツがよくわかる

▲「(動作としての)頭の使い方」が大きなポイントのひとつ▲

▲第1巻のサンプルム−ビーで「頭の使い方」の一部を紹介しています▲



▲1対1について語っていただきました▲


各巻の詳細はコチラ




2020.7