ホーム > スポーツ > バレーボール > シンクロバレーに繋がるセッターを中心にした土台づくり > シンクロバレーに繋がるセッターを中心にした土台づくり〜相手に的を絞らせない攻撃の確立〜【全2巻】

シンクロバレーに繋がるセッターを中心にした土台づくり〜相手に的を絞らせない攻撃の確立〜【全2巻】

シンクロバレーに繋がるセッターを中心にした土台づくり
〜相手に的を絞らせない攻撃の確立〜
【全2巻】

セット特価

商品番号 1121-S

販売価格10,000円(消費税込:11,000円)

[最大500ポイント進呈 ]

数量
東京2020オリンピック・パラリンピック開催に伴う配送についての重要なお知らせがございます。
詳細は、「Home」のINFORMATIONも併せてご確認ください。

※商品の汚損・破損・故障等がなく、お客様のご都合での返品はお受けしておりませんので、ご注文の際には十分ご確認いただきますようお願い申し上げます。
DVDビデオ対応のプレーヤーでの再生を推奨しております。ゲーム機、車載DVDプレーヤー(カーナビ)等での動作は保証しておりません。
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く



 ■指導・解説
今井 一仁
 (東京都市大学塩尻高等学校女子バレーボール部 監督)

  ■実技協力
 長野県/東京都市大学塩尻高等学校女子バレーボール部


◆ 相手を惑わす「シンクロ=同時多発的」バレーに繋がる土台づくり ◆

コート上の全ての選手が連動して、同時多発的に動きだす「シンクロバレー」。どの選手でもスパイクを打てる状況を作り出すことで、相手のディフェンスを惑わし、効果的に得点することが可能になります。

シンクロバレーとは?

2人以上の選手が異なる場所から同時に動き出し、時間・タイミング・リズム・テンポを合わせて攻撃を仕掛けるバレー。
コンビバレーの1つであり、時間差攻撃と組み合わせて活用することで、より効果的に相手のディフェンスを惑わせることができる。



◆ Aパスが返らなくてもコンビバレーで相手を崩す ◆

このシンクロバレーを作り上げていくうえで重要となるのが、「セッター」「アタッカー」の技術です。実戦において、サーブレシーブやスパイクレシーブが、セッターにAパスが返ることはなかなかありません。そこで、レセプション、ディグが崩れたときに、いかにシンクロバレーに繋げるかということが重要になります。

セットするタイミング、アタックに入るタイミングを正確に合わせて、コートのどこからでもセットをして、どのコースにでもトスが上がり攻撃が仕掛けられるようになるためのポイントを詳しく解説していきます。

各巻の詳細はこちら



合わせておすすめの商品はこちら


【950-S】都市大塩尻・岡田監督の「 シンクロバレー 」
〜 “膝抜き離陸”と“同時多発広域速攻”を駆使した新しい試み 〜




2020.7