ホーム > スポーツ > 陸上競技 > 中長距離選手のための体系的指導法 > 中長距離選手のための体系的指導法〜ムダのない、効率的な走動作を身につける〜(全1枚)

中長距離選手のための体系的指導法<br>〜ムダのない、効率的な走動作を身につける〜(全1枚)中長距離選手のための体系的指導法<br>〜ムダのない、効率的な走動作を身につける〜(全1枚)

中長距離選手のための体系的指導法
〜ムダのない、効率的な走動作を身につける〜(全1枚)

セット商品

商品番号 691-S

販売価格8,000円(消費税込:8,640円)

[最大400ポイント進呈 ]

数量
※商品の汚損・破損・故障等がなく、お客様のご都合での返品はお受けしておりませんので、ご注文の際には十分ご確認いただきますようお願い申し上げます。
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く

この商品の平均評価:おすすめ度(5.0) 5.00



○この1本で中長距離走のポイントを網羅!走りがわかれば、走りは変わる!!
○“弱い選手が強くなる”自分に足りないものを自覚し、自分に合った練習をする!
○「走れば強くなる」時代は終わった!
○バイオメカニクス研究が生んだ、計算された練習方法がここに



■指導・解説:榎本 靖士(筑波大学准教授・筑波大学陸上部中長距離ブロックコーチ)
■実技協力:筑波大学陸上部中長距離ブロック



これまで中長距離の世界では、ただ高い強度で走る練習が主流となってきました。
「とにかく距離を走れ」「もっとガンガン補強を」といった練習で、耐えられた選手が“強い選手”とされてきたのです。
確かに高い強度に耐えられる選手もいますが、同時についていけずに脱落してしまう選手もいます。また、練習に見合うような記録が出なくなり悩んでしまうケースもたくさんあります。その主な原因は、「がんばる」という感覚的な練習に終始していたからなのです。
そこでこのDVDでは、『体系的指導』と銘打ち、専門的なトレーニングの前に実施しておくべきことを中心に紹介します。
指導するのは筑波大学の榎本靖士コーチ。長距離走のバイオメカニクス研究の第一人者で、多方面から走りのコツを追求しています。本編でも、いかに効率のいいフォームで走れるか、どんなトレーニングをすればムダがないかということを解説してくれました。まずコントロールテストに始まり、中長距離選手のための体操や動きづくり、そして榎本コーチ一押しのオレゴンサーキットなど、陸連の講習会で行っている、最先端のトレーニングドリルが目白押しです。
今までの感覚的な指導から脱却し、ぜひ、体系的で明快な指導を行っていきましょう!



■イントロダクション

■トレーニング計画

■練習に対する考え方
*中長距離走のパフォーマンスと体力
*運動中のエネルギーの変換と変換率

■モビリティトレーニング(ブラジル体操)
*モビリティトレーニングについて
*Walk 体側ストレッチ
*Walk 腕回し→Jog 腕回し(手肩/腕伸ばし)
*Skip 高く→膝下手たたき
*Skip 手上下たたき→足替え
*Skip 横前クロス/横前後クロス
*Side Step 腕回し/脚前後クロス
*2Side ハードリング
*Jog 腕左右逆回し
*キャリオカ
*Garop
*Hop&Bound
*モビリティトレーニングまとめ

■コントロールテスト
*コントロールテストについて
*5段跳び
*メディシンボールスロー(前投げ/後ろ投げ)
*心拍検査について(RPE表)
*コントロールテストまとめ

■パワーポジションの確認&動きづくりのドリル
*パワーポジションの確認&動きづくりのドリルについて
*壁押し
*腰引っ張りウォーク
*ニーベントウォーク
*腿上げ(片脚/両脚)
*スキップ
*バウンディング
*パワーポジションの確認&動きづくりのドリルまとめ

■サーキットトレーニング(オレゴンサーキット)
*サーキットトレーニングについて
*サイドストレッチ
*腿上げ手たたき
*スクワットジャンプ
*スタージャンプ
*ドンキーキック
*シャトルラン
*サイドスイング
*腿上げ
*バーピー
*サーキットトレーニングまとめ






(49分)
2012.01

ねこさん(5件) 購入者

非公開 投稿日:2017年09月14日

おすすめ度 おすすめ度(5.0)

非常にわかりやすく参考になりました。実践して見たいと思います。

Takさん(4件) 購入者

静岡県/20代/男性 投稿日:2014年10月05日

おすすめ度 おすすめ度(5.0)

走りの基本を身につけるのには大変いいです。特に中長距離は、走る時間が長いので基本となるパワーポジションは大切かと思います。