ホーム > 医療 > リハビリテーション/理学療法 > 筋および受容器に対する治療的触察 ・ 刺激法 < 体幹 ・ 頚部編 > > 筋および受容器に対する治療的触察 ・ 刺激法 < 体幹 ・ 頚部編 >【全2巻】

筋および受容器に対する治療的触察・刺激法 <体幹・頚部編>【全2巻】筋および受容器に対する治療的触察・刺激法 <体幹・頚部編>【全2巻】筋および受容器に対する治療的触察・刺激法 <体幹・頚部編>【全2巻】

筋および受容器に対する
治療的触察 ・ 刺激法 < 体幹 ・ 頚部編 >
【全2巻】

セット商品

商品番号 ME171-S

販売価格16,000円(消費税込:17,280円)

[最大800ポイント進呈 ]

数量
※商品の汚損・破損・故障等がなく、お客様のご都合での返品はお受けしておりませんので、ご注文の際には十分ご確認いただきますようお願い申し上げます。
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く



 ◎腰痛・胸背部痛・鞭打ち症・緊張型頭痛・偏頭痛の評価と治療に、嚥下機能の回復に!  ◎触察が評価および治療の役割も担う!  ◎解り易い!術者の視点からの映像


■実技・解説:高田 治実 PhD,PT.
帝京科学大学医療科学部 東京理学療法学科 教授, 博士(医学)
日本マイオチューニングアプローチ学会理事長


今回の「治療的触察・刺激法」では、体幹の前面・後面、頸部の前面・後面の筋触察、受容器に対する刺激の加え方について紹介します。

骨の表面に対して直角に圧迫し、筋の走行に対して直行するように刺激することで、侵害受容器あるいは触圧覚受容器に圧および摩擦刺激を加えるというもので、触察が治療の役割も担うのです。

例えば、腰部の筋への触察は腰痛の治療に役立ちますし、頸部の後面前面の筋および気管支の後面にあり頚椎の椎体に付着している頚長筋、頭長筋への触察は、嚥下の機能を回復させるための間接療法として用いられます。

頚長筋、頭長筋への触察は、鞭打ち症の評価、治療にも利用できます。また、小後頭直筋・大後頭直筋、上頭斜筋・下頭斜筋への触察は偏頭痛や緊張型頭痛などの評価・治療にも利用できます。

このDVDでは、全てのテクニックを施術者の視点からの映像と詳細な解説で紹介していますので、触察のコツを容易につかむことができることでしょう。

尚、筋触察の基本的な実施方法、その他の部位の触察法については、「ME126-S治療的触察・刺激法<骨盤部・下肢編>」「ME142-S:治療的触察・刺激法<上肢編>」で紹介されていますので参考にしてください。
また、臨床での応用の仕方につきましては、「ME114-Sマイオチューニングアプローチの理論と治療技術」をご覧いただくことで、痛み、筋不全、マヒによる運動機能障害等を即時的に改善する治療的アプローチが紹介されていますので、合わせてご活用ください。






【ME171-1】「体幹の触察」(83分)
【ME171-2】「頚部の触察」(71分)


2015.07

この商品を買った人はこんな商品も買っています