ホーム > 医療 > リハビリテーション/理学療法 > 運動器リハビリテーションのための超音波画像描出テクニックこれでできる!筋肉の静止画描出 > 運動器リハビリテーションのための超音波画像描出テクニック〜 これでできる ! 筋肉の静止画描出 〜【全2巻・分売不可】

運動器リハビリテーションのための超音波画像描出テクニック〜 これでできる ! 筋肉の静止画描出 〜【全2巻・分売不可】

運動器リハビリテーションのための超音波画像描出テクニック
〜 これでできる ! 筋肉の静止画描出 〜
【全2巻・分売不可】

セット商品

商品番号 ME211-S

販売価格16,000円(消費税込:17,280円)

[最大800ポイント進呈 ]

数量
※商品の汚損・破損・故障等がなく、お客様のご都合での返品はお受けしておりませんので、ご注文の際には十分ご確認いただきますようお願い申し上げます。
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く

この商品の平均評価:おすすめ度(5.0) 5.00



 ☆ プローブ走査と超音波画像とをリンクした映像から学ぶ!きれいな静止画像を描出するためのテクニック!

 ☆ セラピストにとって重要な筋肉を網羅!



 ■実技・解説:林 典雄(運動器機能解剖学研究所 代表取締役)
 ■協力:コニカミノルタ株式会社



ME211-1画像

超音波は、これまで理学療法士が指で感じてきた違和感を画像にできるもので、運動器リハビリテーションの臨床を大きく変革するツールといえます。しかし、セラピストがこれを学ぶ機会は極めて少ないのが現状です。

このDVDでは、セラピストにとって重要な筋肉の描出を、一つひとつ丁寧に解説します。
基本的な走査方法は勿論のこと、きれいな静止画像を描出するためのコツを随所に盛り込んでいます。このテクニックを確実に覚えることで超音波画像描出のスキルが身に付き、動態描出を行うための準備にもなります。

また、プローブ走査と超音波画像とをリンクした映像で、画像上で筋がどのように描出されるのか、プローブの傾きが画像にどのような影響を与えるのか、などを視覚的に捉えることが出来ます。
是非このDVDで超音波の基本を学び、その魅力を実感していただければ幸いです。

ME211-1 重要な筋の描出 Part1(58分)

ME211-1画像

イントロダクション
STEP(1) 正確な長軸画像を得るための基本技術
STEP(2) きれいな画像を描出するための基本技術
STEP(3) 肘関節前方組織
STEP(4) 上腕三頭筋
STEP(5) 円回内筋
STEP(6) 短橈側手根伸筋起始部
STEP(7) 前腕遠位掌側組織
STEP(8) 前腕遠位背側組織

ME211-2 重要な筋の描出 Part2(56分)

ME211-2画像

STEP(9)  肩甲下筋腱・棘上筋腱・棘下筋腱
STEP(10) 小円筋
STEP(11) 大腿骨頭前方組織
STEP(12) 中殿筋・小殿筋
STEP(13) 大腿四頭筋
STEP(14) ハムストリングス
STEP(15) アキレス腱周辺組織
STEP(16) 長母趾屈筋



本編ピックアップ動画

2017.1

リハビリ医スポーツ医さん(1件) 購入者

非公開 投稿日:2017年03月10日

おすすめ度 おすすめ度(5.0)

5年前くらいからエコー使っていますが、当初からこのDVDが存在していて欲しかった。

この商品を買った人はこんな商品も買っています