ホーム > スポーツ > 陸上競技 > トラック競技 > しなやかな動作で身体を自在に操る! > しなやかな動作で身体を自在に操る!〜表現する力でパフォーマンスを向上させる〜【全1巻】

しなやかな動作で身体を自在に操る!〜表現する力でパフォーマンスを向上させる〜【全1巻】

しなやかな動作で身体を自在に操る!
〜表現する力でパフォーマンスを向上させる〜
【全1巻】

商品番号 1067-S

販売価格8,000円(消費税込:8,800円)

[最大400ポイント進呈 ]

数量
※商品の汚損・破損・故障等がなく、お客様のご都合での返品はお受けしておりませんので、ご注文の際には十分ご確認いただきますようお願い申し上げます。
DVDビデオ対応のプレーヤーでの再生を推奨しております。ゲーム機、車載DVDプレーヤー(カーナビ)等での動作は保証しておりません。
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く

この商品の平均評価:おすすめ度(5.0) 5.00



■指導解説:加藤 邦佳(三重県多気町松阪市学校組合立多気中学校 陸上競技部 顧問)
■実技協力:三重県/多気町松阪市学校組合立多気中学校 陸上競技部



限られた時間や環境の中で、どんな練習やトレーニングをおこなえば、
より良い結果に結びつくのか?

中学校指導者の方々が悩まれる大きなテーマかと思います。

練習メニューを構成する上で、ポイントとなるのが「基本」「基礎」のどちらを重視するか?にあります。

ここで言う
「基本」とは、各種目の技術を向上させるためのドリルなどを指し、
「基礎」とは、筋力や体力、リズム感、表現力などを指します。

「基本」と「基礎」をバランスよく鍛えることが競技力向上につながるのは当然ですが、中学校現場の現状を踏まえると、その両方を十分に鍛えることは困難です。

そんな現状を打開するために、加藤先生はこんな指導方法を実践しています。 それは指導の目標を「選手の競技力向上」ではなく「個々の目標を達成するための身体づくり」に設定し、生徒たちの将来を見据えた指導法です。


多気中学校では「基本」を習得するドリルなどではなく、筋力・体力・リズム感といった基本を支える「基礎」を重視したトレーニングやマット運動、ダンスなどに多くの時間を費やしています。
この「基礎」を重視した練習の組み立てで、選手たちは、自らが見たものや聞いたこと、イメージした事を、すぐに表現できる身体を習得しています。

しっかりとした「基礎」が身につけば、「基本」も効率よく習得できていく。
「基本」と「基礎」を同時に実施できない、中学校現場ならではの発想から生まれた練習方法とその考え方を収録した本作品は、中学校指導者必見の1枚です!




■イントロダクション

■マット運動&ダンス
 ・マット運動の重要性
 ・ブリッジ入れ替え
 ・後転倒立
 ・ネックスプリング
 ・ダンス



■股関節の使い方T
 ・骨盤ひねり
 ・寝転がりからの起き上がり
 ・両脚ジャンプ
 ・U字溝 両脚ジャンプ
 ・ピストル スクワット

■股関節の使い方U
 ・腸腰筋群ウォーク
 ・ケモノジャンプ
 ・オーバーヘッドスクワット
 ・ホッピング
 ・ひねりキック



■肩甲骨の使い方
 ・肩甲骨ストレッチ
 ・台腕立て伏せ
 ・シャフト直上上げ
 ・シャフト肩抜き
 ・プレート回し
 ・反動懸垂



■乗り込み動作
 ・ワニ歩行
 ・壁登り
 ・三点倒立
 ・二人一組 両脚倒立
 ・倒立片手乗り込み
 ・木のポーズ
 ・木のポーズ〜キック
 ・木のポーズ〜移動(前進)





◆加藤 邦佳(かとう くによし)◆
1977年三重県出身。日本体育大学を卒業後、三重県中学校教員として採用。
2010年に現在の多気中学校へ赴任し、2012年千葉全中四種競技で第6位に入賞させたのをきっかけに、毎年様々な種目で全中優勝者や入賞者を輩出させる強豪校へと導く。
現在(2019年)8年連続全中入賞記録は、1980年代埼玉・常盤中学校に次ぐ歴代2位の記録。
また三重県国体強化コーチ、三重県中学校強化委員長も兼務し、地元で開催される2020年三重全中、2021年三重国体に向けて、強化の中心として三重県全体を盛り上げている。

2019.9

陸上指導者さん(1件)

男性 投稿日:2019年10月21日

おすすめ度 おすすめ度(5.0)

発達段階に合わせたトレーニングで自体重を使ったものが多く、大変参考になりました。また、関節の可動域や柔軟性、インナーマッスルの強化練習など故障を未然に防ぐ内容にも学びが深まりました。

ベロニカさん(1件) 購入者

非公開 投稿日:2019年10月03日

おすすめ度 おすすめ度(5.0)

表現力を高めるための身体の動きを向上させる指導法が多数収録されています。
股関節だけでも、鍛える手段が多くあり、大変興味を持って拝見することができました。